天風いぶきwikiプロフィールや経歴は?結婚や宝塚時代の顔画像(写真)も

 

元タカラジェンヌの天風いぶきさんの東京都議補選に出馬されることが報じられてから世間から注目されている人物です。

一体どんな人物なんでしょうか?気になりますよね!

 

そこで今回この記事では「天風いぶきwikiプロフィールや経歴は?結婚や宝塚時代の顔画像(写真)も」と題してまとめていきます。

ではさっそく「天風いぶきさんのwikiプロフィール」を確認していきましょう!

 

スポンサーリンク

天風いぶきwikiプロフィールや経歴は?結婚や宝塚時代の顔画像(写真)も

天風いぶきwiki的プロフィールは?

名前 天風 いぶき(あまかぜ いぶき)
本名 森口 梢(もりぐち こずえ)
生年月日 1986年6月21日
年齢 35歳(2020年6月14日時点)
出身地 富山県富山市
身長 172㎝
血液型 B型
特技 クラリネット
経歴 富山第一高校→宝塚音楽学校

 

「天風いぶき」さんは森口梢(もりぐちこずえ)という本名です。

生まれは東京都、両親とも国会議員秘書でした。

お父様は4歳の時にお亡くなりになり、お母様が女手一つで育ててくれたそうですよ。

 

「天風いぶき」さん出身はどのサイトで確認しても富山県になっていたので、東京から引っ越しされてきたのでしょう!

 

富山というと立山や黒部ダム、また魚津市では蜃気楼が数少ない観光スポットとして有名で「天風いぶき」さんは、こんな非常に自然豊かなところで育ったんですね。

 

宝塚歌劇団で男役をやられていただけあり、身長は172cmと高身長ですね。

 

2014年に宝塚を退団されてからは、現都知事の小池百合子さんの秘書を務めていました。

宝塚の世界でを退団された後は芸能界入りされる方が多い中、「天風いぶき」さんは政界入りを考えて秘書で経験を積んていたんだと思います。

 

宝塚音楽学校は、非常に規律正しく厳しい学校生活が有名!

例えば、通学する時は必ず電車は最後尾に乗車(将来は阪急グループの一員になるので、未来の先輩達の前にが乗っている事を考えて最後尾に乗る)したり、非常に上下関係が厳しく、卒業するまで同じ場所の拭き掃除するってよく聞きます。

「天風いぶき」さんは、宝塚音楽学校を卒業後も、宝塚歌劇団で第一線で活躍されてきました。

宝塚で培ってきた確固たる軸があり、政界入りをされても活躍されると思います!

 

天風いぶきの経歴

  • 2002年4月:宝塚音楽学校に第90期生で入学、宙組に配属
  • 2004年4月:雪組宝塚大劇場公演『スサノオ/タカラヅカ・グローリー!』で初舞台
  • 2014年7月27日:『ベルサイユのばら – オスカル編 -』の東京公演千秋楽
    宝塚歌劇団を退団後ワシントンD.C.の語学学校に短期留学
  • 2014年11月:衆議院議員小池百合子事務所入所

 

天風いぶきは結婚は?

「天風いぶき」さんはご結婚されているのかも気になりますよね。

TwitterなどのSNSやネット検索などで調査いたしましたが、今のところ全く公表されていませんでしたので独身の可能性が高いです。

 

今は芸能人ではありませんので、公表する必要もありませんよね。

ご結婚されていても公表してないだけかもしれません。

もし、ご結婚されていたら「天風いぶき」さんの選挙活動のサポートをされるはずので、そこで「旦那」さんや「彼氏」さんがいるかどうかわかると思いますよ。

 

そう言えば、宝塚歌劇団で男性役で活躍された「天海 祐希(あまみゆうき)」さんや、「紫吹淳 (しぶきじゅん)」さん、「真琴つばさ(まことつばさ)」さんもまだ独身ですね。

宝塚で培った経験から、皆さんそれぞれの高い目標を持ち、日々忙しくされているので結婚していないんじゃないでしょうか?

「天風いぶき」さんも政界に入るという目標を掲げているので結婚されていないのかもしれませんね!

 

天風いぶきの宝塚歌劇団時代の顔画像(写真)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

StudioHatsuNe学芸大学 初嶺麿代(@hatsunemayo)がシェアした投稿

「天風いぶき」さんの宝塚歌劇団時代の画像をインスタで見つけました。

右側の人が「天風」さん!キリッとしていて男前ですね。

 

まとめ

元タカラジェンヌの「天風いぶき」さんについてご紹介させていただきました。

現都知事の小池百合子さんの秘書を務めてきたということで、小池さんのもとでどのように学ばれてきたのが気になりますね。

 

<関連記事>

同姓同名の小池百合子って誰?経歴・顔画像やホリエモン新党の狙いも調査

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

んじゃまた!

スポンサーリンク

 

コメント