箱根駅伝2020駒沢大学メンバー!注目選手をプロフィール付きで紹介

マラソン大会 マラソン・駅伝・陸上

 

毎度!ライヒーです。

 

駅伝ファンが毎年楽しみにしている箱根駅伝、駒沢大学の注目選手をピックアップしてみました。

 

 

私が注目してるのは田澤廉選手です。

 

高校時代から5000mで歴代5位の記録を出し注目されている選手で、このまま順調に成長すれば駒沢大学のエースになれる逸材です。

 

ではこの記事では、箱根駅伝2020駒沢大学メンバーの注目選手をプロフィール付きで紹介してきます!

 

 

スポンサーリンク

箱根駅伝2020駒沢大学メンバー!注目選手をプロフィール付きで紹介

田澤廉

名前:田澤廉(れん)
生年月日:2000年11月11日
出身地: 青森県
学年:1年
自己ベスト:5000m 13分41秒82 10000m29分06秒55

 

高校1年5000m 歴代3位、 高校生2年では歴代5位の13分53秒61を記録し田澤廉選手はこの頃から将来を期待されていた田澤廉選手!

そして、大学進学後も関東インカレ5000 M で 14分10秒83の 7位で入賞し、日本選手の中では2番目でゴールするほどに。

夏合宿でも 体調を崩さず好調をキープし 9月の日体大記録会の5000mでは13分41秒82でゴールし、U20歴代10位の好記録をマーク!

 

出雲駅伝では3区のエース区間に起用され、トップでたすきを繋ぐ区間2位と期待に応えました。

 

これまでの成績から、このまま順調に成長すると日本トップクラスの選手になるだけの潜在能力がある選手なのでまだ1年生ですが、2020年の箱根駅伝の田澤廉選手の走りは見逃せません。

 

 

<関連記事>

駒沢大・田澤廉のプロフィール・経歴は?中学・高校などの記録についても

 

中村大聖 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

RIO(@______0521______)がシェアした投稿

名前:中村大聖
生年月日: 1998年3月28日
出身地:埼玉県
学年:4年
自己ベスト:5000m 13分55秒79 10000m28分31秒65

 

中村大聖選手は、高校の時から均等の取れた体で綺麗な走法で活躍していましたが、大学進学後は怪我などコンディションを崩し、良い成績を残せていませんでした。

 

去年の駅伝から出場できるようになり少しづつ本来の力を出せるようなってきています。

2019年の箱根駅伝では3区を走り5位に、そしてユニバーシアードハーフマラソンは1時間5分27秒で銀メダルに輝き、5000mや10000mのトラック競技でも自己ベストを更新しきている!

 

高校の時よりも、腰高の体の軸がぶれないフォームになっていて、さらにスムーズに体をつかえているなって感じです。

 

2020年の箱根駅伝では中村大聖選手の腰高の綺麗なフォームで軽快に走る姿に注目しましょう!

 

山下一貴

名前:山下一貴
生年月日:1997年7月29日
出身地:長崎県
学年:4年
自己ベスト:5000m 13分55秒33 10000m 28分31秒89

 

箱根駅伝では2年と3年の時に2連連続エース区間の2区に起用され、長距離に自信がある山下一貴選手!

 

2019年の箱根駅伝の鶴見中継所でたすきを受け渡しにミスがありましたが、1時間8分9秒という好タイムを記録しました。

今年は関東インカレハーフマラソンで國學院大學の土方選手とデッドヒートを繰り広げましたが、残念ながら優勝は逃したものの2位という堂々たる成績を記録しています。

出雲駅伝と全日本大学駅伝どちらも1区2位、期待通りの走りをしてくれるので安心です。

 

2020年の箱根駅伝でも2区に起用されるとなると、3年連続になり2019年のタイムを更新できるのか期待したいですね!

 

伊東颯汰

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

sa.(@nrsjus__17)がシェアした投稿

名前:伊東颯汰
生年月日:1998年6月21日
出身地:大分県
学年:3年
自己ベスト:5000m 13分57秒20 10000m 28分34秒91

 

伊東颯汰選手は序盤から自ら先頭を走るような積極的な走りをします。

 

大学入学後、ラストにスピードが落ちる時もありましたが、昨年度からスタミナアップに取り組んできた結果、2019年の箱根駅伝ではピンチヒッターで走ることになった5区でも区間5位という成績を残しています。

今シーズンのトラック競技の関東インカレ5000m、10000mでは結果を良い結果は残せていませんでしたが、秋の5000mでは自己ベストの13分57秒20を記録!

 

出雲駅伝では2区を走り区間2位とコンディションを上げてきているので、今年にスタミナアップで力をつけた攻めの走りを楽しみにしています。

 

加藤淳

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Уuuumi(@u_midesu9170508)がシェアした投稿

名前:加藤淳
生年月日:1998年8月19日
出身地:兵庫県
学年:3年
自己ベスト:5000m 13分59秒03 10000m28分36秒59

 

高校駅伝の常連校である西脇工業出身で、高校時代に13分59秒03の自己ベスト記録した加藤淳選手!

 

大学進学後も、1年生の時から出雲駅伝から1区に起用されるなど非常に期待されている選手です。

箱根駅伝のデビューは2019年の4区です。

今年は9月に開催された記録会で5000m14分00秒を記録し、自己新記録まであともう少しというタイムを残しています。

 

箱根駅伝では西脇工業のOBと匹敵するようなエース級の活躍ができるか期待しています。

 

まとめ

箱根駅伝2020駒沢大学のメンバーの注目選手をプロフィール付きで紹介してみました。

 

駒沢大学にも有力な選手がたくさんいて2020年の箱根駅伝が楽しみですね。

 

すこしでもこの記事が参考になって、箱根駅伝をより楽しんでもらえたら幸いです!

 

関連記事もあるのでよかったらみて行って下さいね♪

スポンサーリンク

 

箱根駅伝2020選手関連記事

箱根駅伝2020注目選手
東海 青山学院 東洋 駒沢 帝京 法政 國學院
順天堂 拓殖 中央学院 東京国際      
 

箱根駅伝2020その他の関連記事

 

 

コメント