箱根駅伝2020東洋大学メンバー!注目選手をプロフィール付きで紹介

 

毎度!ライヒーです。

 

駅伝ファンが毎年楽しみにしている箱根駅伝、今年の箱根駅伝を総合3位の東洋大学は2020年も優勝候補?筆頭ですね。

 

そんな箱根駅伝2020東洋大学の注目選手をピックアップしてきましたよ。

 

 

私が特に注目しているのは、渡邉奏太選手です。

 

なぜなら3年生の選手ですが、2連続区間賞を獲得していて2020年箱根駅伝でも3年連続の区間賞を獲得してほしいと期待をしているからです。

 

では今回この記事では、箱根駅伝2020東洋大学メンバー!注目選手をプロフィール付きで紹介していきます!

 

 

 

スポンサーリンク

箱根駅伝2020東洋大学メンバー!注目選手をプロフィール付きで紹介

相澤 晃

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@y_91319がシェアした投稿

名前:相澤晃(あいざわ あきら)
生年月日:1997年7月18日
出身地: 福島県
学年:4年
自己ベスト:5000m 13分34秒94 10000m28分17秒81

 

2019年の箱根駅伝では4区を走り、圧倒的な区間新記録をマークした相澤選手!

 

今年にトラックシーズンに入っても、飛ぶ鳥を落とす勢いで、ユニバーシアードのハーフマラソンでは1時間05分15秒で金メダルを獲得し、日本陸上のトップ選手として活躍が期待されています。

 

今季の出雲駅伝と全日本大学駅伝では区間賞も取っていますね。

 

2020年の箱根駅伝では、エース区間の2区を任されることになると思われますが、これまでの活躍から圧倒的な実力で、2位以下の後続とどれだけタイムを広げられるか注目しています!

 

大学陸上界のエースとして区間新記録ができるか期待しましょう!

 

 

<関連記事>

東洋大・相澤晃の進路と就職先は?プロフィールや中学・出身高校など経歴のまとめ

東洋大・相澤晃のシューズやネックレスのメーカーはどこ?価格や通販サイトを調査

 

今西駿介

名前:今西駿介(いまにし しゅんすけ)
生年月日: 1997年8月29日
出身地:宮崎県
学年:4年
自己ベスト:5000m 14分08秒91 10000m29分17秒37

 

箱根駅伝で2年生の時から6区の山下りで起用されている今西駿介選手の箱絵駅伝の成績は2年の時は区間5位、そして3年の時は区間3位と好成績を残しています。

 

区間記録の小野田選手(青山学院大学)と僅か15秒差の58分12分で3位なので見事なものです!

 

今シーズンのトラック競技ではあまりよく成績は記録しておりませんが、出雲駅伝では5区に起用され、区間2位の区間トップと5秒の僅差の差とかなり順調にコンディションを上げてきています。

 

2020年の箱根駅伝は6区での起用が濃厚で今度は区間新記録にチャレンジしてくると思われますので、区間新記録がでるか注目ですね!

 

渡邉奏太

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【鉄紺 選手フリップ2017 No.9】 「ハイ、鉄紺ッ!」の掛け声で撮影した意気込みフリップ。 9人目は、2年生の渡邉奏太選手です。沿道からかけてほしい言葉は「東洋がんばれ」です📣 * 全日本大学駅伝2区で区間2位と期待に応えた渡邉選手。箱根路でもどうぞ応援お願いします🎽 #鉄紺 #東洋大学 #東洋大 #東洋 #大学 #駅伝 #EKIDEN #箱根駅伝 #陸上競技部 #陸上部 #応援 #声援 #エントリーメンバー #その1秒をけずりだせ #渡邉奏太 #吉原工業 #静岡 #静岡県

東洋大学陸上競技部(長距離部門)(@toyo.tu)がシェアした投稿 –

名前:渡邉奏太(わたなべ そうた)
生年月日:1998年3月8日
出身地:静岡県
学年:4年
自己ベスト:5000m 13分43秒71 10000m 28分59秒77

西山選手は中学時代から全国大会で注目されていましたが、大学に入ってからも箱根駅伝1区で区間賞を2年連続記録し、将来が楽しみな選手です。

 

特に西山選手の腰が高いところで維持し、体の軸がぶれずに足腰を痛めにくい美しいフォームです。

 

重心が前にあるので加速しやしく、どんどんスピードがでていきます。

 

今年に出場したユニバーシアード10000mでは8位入賞でしたが、絶好調というわけでもなさそうですが、毎年箱根駅伝が近づくにつれてだんだんと調子があがってくるので、美しいフォームで2020年の箱絵駅伝の区間賞を3年連続記録できるか注目ですね!

 

吉川洋次

名前:吉川洋次(よしかわ ひろつぐ)
生年月日:1998年6月9日
出身地:栃木県
学年:3年
自己ベスト:5000m 14分15秒73 10000m28分53秒51

 

吉川選手は箱根駅伝では1年生のときは4区で区間2位、そして2年生のときは3区で区間4位と往路でスピードのある選手がエントリーする区間で好成績を残しています。

 

今シーズンのトラック競技ではあまり調子ではなく結果を残していませんが、西山選手と同じく箱根駅伝が近づくにつれて調子を戻していくタイプです。

 

そしいて吉川選手ははじめからスピードを上げて走れるのが特徴です。苦しい後半でも大きく腕を振って、スピードをキープすることできます。

 

2020年の箱根駅伝もで吉川選手のハートの強さとスピードに注目したいですね!

 

まとめ

箱根駅伝2020東洋大学メンバー!注目選手をプロフィール付きで紹介してみました。

 

東洋大学にも有力な選手がたくさんいて2020年の箱根駅伝が楽しみですね。

 

すこしでもこの記事が参考になって、箱根駅伝をより楽しんでもらえたら幸いです!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

関連記事もあるのでよかったらみて行って下さいね♪

スポンサーリンク

 

箱根駅伝2020選手関連記事

箱根駅伝2020注目選手
東海 青山学院 東洋 駒沢 帝京 法政 國學院
順天堂 拓殖 中央学院 東京国際      
 

箱根駅伝2020その他の関連記事

 

 

コメント