箱根駅伝2020中央学院大学メンバー!注目選手をプロフィール付きで紹介

 

 

毎度!ライヒーです。

 

駅伝ファンが毎年楽しみにしている箱根駅伝、中央学院大学の注目選手をピックアップしてみました。

 

 

私が注目してるのは武川流以名選手です。

 

高校生の時は野球部でしたが、大学入学してから陸上をはじめたちょっとかわった経歴で珍しいなって思ったからです。

 

野球部で培った体力があるので、陸上の練習を本格的にはじめてから実力を伸ばしてきていて楽しみな選手ですよ!

 

ではさっそくこの記事で、箱根駅伝2020中央学院大学メンバーの注目選手をプロフィール付きで紹介してきますね

 

 

スポンサーリンク

箱根駅伝2020中央学院大学メンバー!注目選手をプロフィール付きで紹介

武川流以名

名前:武川流以名(ぶかわるいな)
生年月日:2000年5月30日
出身地:愛知県
学年:1年
自己ベスト:5000m 14分40秒35 10000m29分24秒13

 

高校生の時は野球部に入っていて、大学入学後に陸上競技をはじめた武川流以名選手!

 

箱根駅伝を走るほとんどの選手が中学か高校から長距離ランナーとして活躍していて、大学から陸上競技をはじめる人なんてなかなかいませんよね。

 

ただ、非常に潜在能力が高く4月の5000mで14分台まだあと僅かとなる15分8秒53というタイムと出すと、5月~7月まで5000mの自己ベストを連発していき最終的には14分40秒35まで記録!

 

9月に開催された日体大記録会では箱根駅伝で活躍する選手と匹敵する9分24秒13というタイムを出しポテンシャルの高さを証明しました。

 

長距離の練習をはじめてまだ間もないのに、野球で培った体力を更に磨きをかけて将来楽しみな選手に成長していくと思われます。

 

2020年の箱根駅伝では、潜在能力の高い武川流以名選手の走りを見届けましょう!

 

有馬圭哉

名前:有馬圭哉
生年月日: 1997年5月28日
出身地:兵庫県
学年:4年
自己ベスト:5000m 14分11秒82 10000m29分08秒76

 

今シーズンは中央学院大学のキャプテンに就任した有馬圭哉選手は、2年生から箱根駅伝に出場し、2年生の時は8区を担当し区間10位、3年生の時は4区と担当し区間6位と期待通りの走りをみせてくれました。

 

2019年の箱根駅伝では下位の15位でタスキをうけとり区間6位、全日本大学駅伝も下位の14位でタスキをうけとり区間7位と、下位であっても気持ちを切らさないで自分の走りをしてくれました。

 

今年度のトラック競技では少し不調でしたが、11月の上尾シティマラソンで6位入賞で1時間2分54と箱根駅伝が近づくにつれて調子が上がってきています。

 

2020年の箱根駅伝でも、下位でタスキももらっても気持ちを切らさない有馬圭哉選手に期待です。

 

川村悠登

名前:川村悠登
生年月日:1997年11月21日
出身地:千葉県
学年:4年
自己ベスト:5000m 14分03秒44 10000m 28分39秒39

 

中央学院大学がある千葉県我孫子市の出身で、付属高校である中央学院高校で5000mを14分37秒89という好記録を出した非常に注目された川村悠登選手!

 

大学2年生まで伸び悩んでいてインカレなどメジャー大会や箱根駅伝に出場できませんでしたが、3年生の秋頃からやっと芽が出てきて、9月の10000mの記録会で28分46秒99の好タイムを記録。

 

そして、出雲駅伝でも1区を担当し区間8位と順調に2020年の箱根駅伝に向けて調整してきています。

 

これまで中央学院で積み上げてきた川村悠登選手の走りに期待しましょう!

 

高橋翔也

名前:高橋翔也
生年月日:1998年4月8日
出身地:栃木県
学年:3年
自己ベスト:5000m 14分13秒31 10000m 28分36秒40

 

大学入学してから3大駅伝をすべて出ている主力選手として活躍している高橋翔也選手!

 

今年度は、関東インカレ10000mでは大会直前に体調不良を起こし残念ながら結果は出せませんでした。

しかし秋入って少しづつコンディションを上げていき、9月の10000m記録会で大学トップにの記録で自己ベストである28分36秒40という好記録から、2020年の箱根駅伝では引き続きエース区間である2区に起用されそうですね。

 

前回の箱根駅伝では2区のラストで順位を落とし失速し残念な結果でしたが、2020年は前回のリベンジをするつもりで全力の走りを期待しています。

 

吉田光汰

名前:吉田光汰
生年月日:1999年10月13日
出身地:千葉県
学年:2年
自己ベスト:5000m 14分24秒59 10000m29分39秒41

 

大学入学後、5月の関東インカレ3000mSC(障害)で8分55秒27で2位に入り、1年生でありながら3大駅伝にもでるなどしてチームの主力として活躍してきた吉田光汰選手!

 

今シーズンでもトラック競技で5月の関東インカレ3000mSC(障害)で8分59秒67のタイムで優勝するほどに、そして全日本大学駅伝予選会では10000mの自己ベストとなる29分39秒41(3組10位)と好調です。

 

1年生で3大駅伝に出場し、今年度も着実に力をつけてパワーアップした吉田光汰選手の走りに期待しましょう!

 

まとめ

箱根駅伝2020中央学院大学メンバーの注目選手をプロフィール付きで紹介してみました。

 

中央学院大学にも有力な選手がたくさんいて2020年の箱根駅伝が楽しみですね。

 

すこしでもこの記事が参考になって、箱根駅伝をより楽しんでもらえたら幸いです!

 

関連記事もあるのでよかったらみて行って下さいね♪

スポンサーリンク

 

箱根駅伝2020選手関連記事

箱根駅伝2020注目選手
東海 青山学院 東洋 駒沢 帝京 法政 國學院
順天堂 拓殖 中央学院 東京国際      
 

箱根駅伝2020その他の関連記事

 

 

コメント