へたれガンダムの製作者は誰?福島県の場所・地図や著作権についても調査

 

「へたれガンダム」ビームライフルが盗まれたそうですが、本日(6/15)に新たな武器が届けられたとニュースで取り上げられていますね。

ペットボトルなど複数の素材をあわせて、グレーのテープで覆った手作りの新しい武器(ハイパーバズーカ?)を装着して、この「へたれガンダム」すこし風格がでてきた感じがしますね。

 

 

最近はコロナ関係や誹謗中傷ニュースが多かっただけに、「へたれガンダム」このファンの善意が伝わりいいニュースですよね。

ところでこの「へたれガンダム」いったい誰が製作して、どこあるのか気になりました!

 

そこでこの記事では「へたれガンダムの製作者は誰?福島県の場所・地図や著作権についても調査」と題して、「へたれガンダム」の情報をまとめたので是非チェックしてみてください。

 

ではさっそく「へたれガンダムの製作者」について確認していきましょう!

 

スポンサーリンク

へたれガンダムの製作者は誰?福島県の場所・地図や著作権についても調査

ヘタレガンダムの製作者は誰?

この「へたれガンダム」の製作者を調べたところ、福島市制施行100周年記念街づくり事業で地元のアマチュア鉄作家が2010年に制作した作品です。

TwitterなどのSNSやネットで検索しましたが、お名前は公表されていませんでした。

実はお亡くなりになっておりますので、製作当時は年齢がすでに60歳以上だったんじゃないでしょうか?

 

アマチュア鉄作家にとってはこの作品は遺作になりすが、お住い地区の道路脇に設置したところ「すこし丸い顔」や「足のがり股具合」や「足の細さ」などのへたれ具合が絶妙な感じだと、一部の愛好家に人気を集めて愛されている作品です。

 

もし生きていらっしゃったら、どうしてこうゆう足の形にしたのか聞いてみたいですね!

 

 

錆びた体を地元のファンが塗装して「ニュータイプ」(笑)になり今や観光名所にもなっているほど!

 

「へたれガンダム」をつくったアマチュア鉄作家は、現在は他界し遺作になるので銃を盗んだ方は早く返却してほしいです。

 

 

ヘタレガンダムの場所(住所)・地図は?

「へたれガンダム」の場所の地図と住所は以下の通りです。

グーグルマップに「へたれガンダム」って入力すると場所を教えてれくれました。

 

住所:〒960-1103 福島県福島市平石駒ケ池

 

以前はここに恐竜のエイリアンのオブジェがあったそうですが、撤去され今はこのガンダムだけしか残っていません。

 

(GoogleMapより引用)

 

グーグルマップのストリートビューで「へたれガンダム」をみてみると錆びた状態でかなりへたっていました(笑)

 

 

定期的に塗装されて「へたれガンダム」綺麗になっています!

 

ちなみに、田園風景の中ぽつんと孤立して「へたれガンダム」が立っていて、結構シュールな光景ですよ。

 

 

ヘタレガンダムは著作権は問題ない?

この「へたれガンダム」、「ガンダム」の著作権は問題ないのかが気になりました。

調べたところ、著作権は私的に使うコピーは問題ありませんので、大丈夫です。

 

著作物は下記の条件にあてはまれば、自由に利用することができます。

  1. 私的使用のために複製(コピー)すること
  2. 図書館などで複製(コピー)すること
  3. 自分の著作物に他人の著作物を引用すること
  4. 学校などの教育機関で複製(コピー)すること
  5. 「非営利・無料」で、著作物を上演、演奏などすること

 

このへたれガンダムは「非営利・無料」だから著作権は問題ということが言えますね!

「へたれガンダム」はコピーした作品ではあると思いますが、かなりオリジナリティがあり。福島の観光名所にもなっているんだしこれがなくなると悲しいですよね!

 

中国のように明からに模倣品であるのに許可なく利益を得ることは著作権侵害になります!

 

お台場のガンダムとへたれガンダム比較画像

■お台場のガンダム!

 

■へたれガンダム!

 

お台場のガンダムと比較するとより一層へたれ感が際立ちますね!

やっぱり足がガリ股で細すぎ!

さっきまで気づきませんでしたがむっちゃ短足!

 

 

まとめ

「へたれガンダム」についてご紹介させていただきました。

「へたれガンダム」は福島市制施行100周年記念街づくり事業で地元のアマチュア鉄作家が2010年に制作した作品で、グーグルマップマップにもでてくる観光名所名所です。

著作権は営利目的ではないので問題ありません。

お近くを通られた際は、是非この「へたれガンダム」を見に行ってくださいね!

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

んじゃまた!

スポンサーリンク

 

 

コメント