井谷俊介の高校・大学などプロフィールの経歴は?事故や陸上をはじめたきっかけも調査

 

毎度!ライヒーです。

 

パラリンピック陸上男子100mの井谷俊介選手!

 

2016年に右膝下を失って、たった2~3年でパラリンピック陸上のトップ選手です。

 

パラ陸上選手として注目していますし、なによりもイケメンですよね♪

 

これからもっと活躍の場が増えればかなりファンが増えそうな気がします。

 

2月2日(日)のジャンクスポーツにも出演されるそうなので、どんな選手が調べてきました。

 

そこで今回この記事では、井谷俊介の高校・大学などプロフィールの経歴、事故や陸上をはじめたきっかけをまとめました。

 

ではさっそく、井谷俊介の高校・大学などプロフィールの経歴を確認していきましょう!

 

 

スポンサーリンク

高校・大学などプロフィールの経歴は?井谷俊介の事故や陸上をはじめたきっかけも調査

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

井谷 俊介(@itani.shunsuke)がシェアした投稿

井谷俊介のプロフィールは?

 

  • 名前: 井谷 俊介(いたに しゅんすけ)
  • 生年月日: 1995年4月2日
  • 年齢: 24歳(2020年2月現在)
  • 出身地: 三重県尾鷲市
  • 身長: 179 センチ
  • 高校: 津田学園高等学校(野球部)
  • 大学: 東海大学
  • 所属: ネッツトヨタ東京
  • 主な成績:
    2018年 インドネシア2018アジアパラ競技大会100m (T44/T62/T64) 優勝
    2019年 日本パラ陸上競技選手権大会100m(T64) 優勝

 

好きな食べ物は名古屋名物の味噌カツだという井谷俊介選手!大学時代に近くの美味しい定食屋があって、大学時代の半分は味噌カツだったぐらい(笑)

 

ちなみに好きなスイーツはチーズケーキだそうです!

 

そんな、井谷選手の高校大学時代を見ていきましょう♪

 

井谷俊介の出身高校・大学は?

出身高校

津田学園高等学校出身で、野球部に所属していて、ポジションは投手!

 

津田学園高等学校は甲子園にも出場する強豪だから、野球のかなりうまかったんんじゃないでしょうか?

 

学生時代は、意外と陸上競技はされてなかったそうですが、おそらくこの当時から走るのは速かったんでしょうね♪

 

イケメンでピッチャーだったら絶対女性のファン多かったと思います!

 

出身大学

そして、東海大学進学後はアルバイトをしながらプロレーサーを目指していました。

 

やはり三重出身ということなので、子供の時から鈴鹿サーキットで観戦するうちにレーサーに憧れるようになったんですね!

 

バイク事故で右膝を失い、その後陸上に出会う

しかし、大学2年生のときに(2016年2月)不運にも、右膝を失うバイク事故を起こしてしまいます。

 

これでプロレーサーになる夢も一時は絶たれ、井谷選手はかなり落ち込みました。

 

これから右膝下がない状態で生活をしていかなければいけないし「これからどうすればいいか」って普通なら考えますよね。

 

でも家族や友人たちが支え励まし、すぐに前向きな気持ちに切り替えることができたそうですよ!

 

こんな時、やっぱり親身になって励ましてくれる友人や家族って大切ですね!

 

そして、右膝を失う大怪我をしたのにすぐに前向きな気持ちになれる井谷選手も凄い!

 

簡単に気持ちを切り替えることは難しいはずなのに、これでかなり強い気持ちをもった人だということがわかりますね。

 

お母さんの紹介で義足ランキングチームを見学にいき、年齢を問わずさまざまな方が義足で走っているの見て、自分もこのチームに入って走ることを決意しています。

 

そのときに、板を借りて走ったところ、爽快に風をきっているような感じで、とても楽しかったと話しています。

 

 

陸上競技継続の為スポンサーを募る

はじめは生活用の義足で走る程度でしたが、陸上競技を続ける為に大学4年時にスポンサーを募りました。

 

そこで、プロレーサー脇阪寿一氏とも出会っています!

 

脇坂寿一氏のことをを「東京の父」と呼ぶくらい尊敬しているそうで、どこか運命的な出会いを感じますよね

 

 

義足ってかなり不可がかかるので強度や伸縮が必要ですよね。

 

 

調べたところ義足は1本、30~70万円程度で競技用ならもっと値段が高いのではないでしょうか…

 

 

普通ならめげそうなところ、だれにも頼らず資金を調達して行動に移せるところが井谷選手の凄いところです!

 

 

スポンサーリンク

 

パラ陸上の成績

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Juichi Wakisaka(@juichiwakisaka)がシェアした投稿

 

本格的に陸上競技を始めたのは2017年の秋!

 

2018年5月に開催された北京GP100mに初出場し、そこで優勝されています。

 

これまで野球やプロレーサーになる為に鍛えてきたとは言え、いきなり優勝するなんて凄すぎます。

 

でも、試合後にすぐに肉離れをおこしていまい、トレーニングがちゃんとできなかったという思いもありながらの優勝です。

 

そして、この2ヶ月後の関東パラ陸上競技選手権大会でも優勝を飾っています。

 

この大会にはアジア記録をもっている、リオパラリンピックメダリストの佐藤圭太選手も出場し、彼を抑えて僅か0.02秒差で優勝を勝ち取っています。

 

 

そして10月に開催されたジャカルタ・アジアパラ大会で100m金メダルを獲得!

 

陸上を初めて1年ぐらいで素晴らしい成績を残しています!

 

今でもプロのカーレーサーになる夢を持っていますが、2020年の東京パラリンピックで金メダルを目指し、陸上に集中されるようですよ!

 

アジアの義足陸上選手として初の100m10秒台を目指していて、井谷選手の活躍にこれからも注目していきたいですね。

 

まとめ

パラ陸上の井谷俊介選手についてご紹介させていただきました。

 

事故で右膝下を失い、陸上に出会いあっという間にトップ選手になりました。

 

不運にも負けない強い気持ちをもっていて、簡単にめげないところが井谷選手の素晴らしいところですよね♪

 

これからも井谷俊介選手の活躍を期待し、応援していきたいと思います。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

んじゃまた!

スポンサーリンク

 

コメント