鍵谷陽平の球種や速球など成績は?年俸の推移や経歴のまとめ!

 

毎度!ライヒーです。

 

6月28日に日本ハムファイターズとジャイアンツの間で2対2のトレードが成立しました。

ジャイアンツは中継ぎ陣がピンチで、シーズン後半に首位から陥落しない為に中継ぎの補強をしてきました。

人がらも思いやりがあって優しくてとても「いい人」とチームメートからもとても慕われていたんですよ~

新天地での活躍を期待したいですね。

 

今回は、ジャイアンツがトレードで獲得した鍵谷陽平選手について

  • プロフィール・経歴
  • 球種や速球など成績は?
  • 年俸の推移

について焦点を当てててていきたいと思います。

 

では、最初に鍵谷陽平選手のプロフィール・経歴からみていきましょう!

 

スポンサーリンク

プロフィール・経歴

出身地:北海道亀田郡七飯町
生年月日:1990年9月29日
身長:178cm
体重:85kg
投打:右投げ右打ち
ポジション・ピッチャー
プロ入り:2012年ドラフト3位
年俸:4300万円
経歴:北海高等学校→中央大学→北海道日本ハムファイターズ → 読売ジャイアンツ

鍵谷陽平選手が卒業した中央大学はこれまで数多くのプロ野球選手を輩出していて、チームメイトの亀井選手や阿部選手なども中央大学出身ですね。

中央大学時代は2年の春から公式戦に登板していますが、右肘の靭帯を怪我して回復した後は先発として起用されていました。

大学通算成績は37試合に登板して7勝9敗の防御率1.94でした。

そしてドラフト3位で日本ハムファイターズに指名され入団しました。

球種や速球など成績は?

プロ入り後は先発で投げた試合は2試合のみで主に中継ぎで活躍していました。

2015~16年シーズンには40試合以上登板し2017年シーズンには60試合を投げるスタミナもあります。

そして60試合を投げ防御率も2.53と2017年シーズンは全てにおいて自己最多の成績を残しています。

 

40試合~60試合と投げれるスタミナもあるので1試合でも多くジャイアンツでも投げてもらいたいですよね。

 

ストレートの最速は153kmで平均速球は142kmです。

ストレートの他にスライダーとフォークとパームを投げる事があります。

投球の組み立て方は大半がストレートでスライダーとフォークでカウントを取ります。

カーブをたまに投げます。

セ・リーグのチームには意外と「カーブ」が有効だと思うので多様して投球の幅を広げてもらいたいですね。

そして「パーム」ボールも多様してみても良いかも知れません。

 

本人曰く決め球はストレートみたいです。

コントロールは悪くも無く良くもなく普通といった印象がありますね。

タイプとしては同じチームになった大学の先輩でもある澤村選手みたいなタイプの投手だと思います。

 

通算6年間の成績と今シーズンの成績を紹介していきたいと思います。

今シーズンは中継ぎとして18試合に登板してい勝負なしでホールド1、防御率5.94です。

通算成績は登板数235、勝15、負12、セーブ5、ホールド44、防御率3.47

 

今シーズンの成績を見ると、良い時と悪い時がはっきりしてそうで、ジャイアンツの戦力になるのか…

 

今、一軍で活躍してくれないと本当にジャイアンツの中継ぎ陣はピンチです。

ジャイアンツはに中継ぎは駒不足で、鍵谷陽平活選手にはかなり期待されています。

環境を変えてブレイクする選手は多いです。

決め球のストレートを武器に中継ぎでフル回転の活躍を見せてほしいですね。

活躍次第では勝ちパターンで投げれるかも知れませんよ。

 

年俸の推移

鍵谷陽平選手の年俸をここでは紹介していきたいと思います。

  • 2013年→900万円
  • 2014年→1600万円
  • 2015年→1700万円
  • 2016年→2200万円
  • 2017年→2800万円
  • 2018年→5000万円
  • 2019年→4300万円

最高年俸は5000万円で生涯年俸は18200万円となっています。

 

ジャイアンツは年俸の査定が比較的「甘い」と言われているので今シーズンのこれからの活躍次第では日本ハムファイターズに居た頃よりもアップは期待しても良いかも知れませんね。

まとめ

鍵谷陽平選手がジャイアンツの一員となり、間違い無く今シーズン一軍の試合に投げると思います。

不安定なジャイアンツの中継ぎピッチャー陣の中で輝けるチャンスでもあります。

ジャイアンツの勝利の為に1試合でも多く一軍の試合で登板して貰いたいですね。

個人的にもどんなピッチングを見せてくれるのか今から楽しみにしています。

鍵谷陽平選手の活躍に注目しましょう!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

んじゃまた!

スポンサーリンク

 

コメント