ドラマ「ネット興亡記」の動画配信を無料で視聴する方法を紹介

 

日経電子版の連載「ネット興亡記」がParaviで初のドラマ化になり話題になっています。

 

オリエンタルラジオの藤森慎吾さんが、新聞記者役でドラマ初主演でどんな演技をされるのか楽しみですね。

 

 

もちろんこのドラマの配信はParaviの独占配信で他の動画配信サービスでは視聴できませんよ。

 

 

Paraviは2週間のお試しで無料視聴でき、この期間中に解約すれば料金発生しません!

 

 

ドラマ「ネット興亡記」が気になる方はまずはお試しで無料視聴してみましょう♪

 

 

 

Paraviの2週間無料体験でドラマ「ネット興亡記」の無料視聴するならこちらをタップ

 

 

 

そこで今回この記事では。ドラマ「ネット興亡記」の

  • 動画配信を無料で視聴する方法
  • Paraviで視聴できる動画作品
  • Paraviの無料会員の登録方法
  • ドラマ「ネット興亡記」の感想

 

をご紹介させていただきます。

 

ではさっそく、ドラマ「ネット興亡記」の動画配信を無料で視聴する方法を確認していきましょう!

 

 

スポンサーリンク

ドラマ「ネット興亡記」の動画配信を無料で視聴する方法を紹介

ドラマ「ネット興亡記」の動画配信を無料で視聴する方法は?

「ネット興亡記」は、日経電子版の人気連載企画でParaviで初のドラマ化!

 

冒頭でも申し上げましたが、このドラマを視聴したい方は独占配信のParaviに登録しましょう♪

Paraviの2週間無料体験でドラマ「ネット興亡記」の無料視聴するならこちらをタップ

 

月額税込みで1017円(税別933円)のサービスですが、2週間お試しで無料視聴でき、この期間中に解約すれば料金が発生しませんので実質0円にしちゃうこともできますよ。

 

 

 

でも、2週間の無料体験や無料体験中に解約しても本当にタダ」って思われた方もいてるかもしれませんね。

 

実はこういう動画配信サービスは今たくさんのサービスがあってお客さんをとりあっていて、30日間の無料体験のキャンペーンで少しでも新規顧客を獲得しようしているんです!

 

無料体験があれば、すこしでも気になったら登録してみたくなりますよね♪

 

 

やっぱり使い勝手がわるかったりサービスが気に入らない場合は、無料体験中に解約すれば料金の請求はありませんのでそこは安心して下さい。

 

 

もし、Paraviを継続するか迷った場合は無料体験が終了する1週間ぐらい判断したほうがいいと思いますよ。

 

無料体験終了いつだったかなぁ~って忘れちゃうかもしれないので、カレンダーなどに記入して分かるようにすれば解約するのを忘れないから是非やってみて!

 

 

無料体験中でも有料会員と同じサービスをうけれるので、できるだけ多くの作品をみて楽しんで下さい♪

 

 

 

Paraviの2週間無料体験でドラマ「ネット興亡記」の無料視聴するならこちらをタップ

※本ページの情報は2020年4月29日(水)時点のものです。最新の情報は上記のバナーから公式サイトでご確認ください。

 

Paraviで視聴できる動画作品は?

Paraviでは、ドラマ「ネット興亡記」以外にもさまざまな作品が配信されていますよ。

 

現在2周年記念で年間視聴ランキングがジャンルごとに発表されていました。

 

<国内ドラマ>

1位   恋はつづくよどこまでも
2位   まだまだ恋はつづくよどこまでも
3位   テセウスの船

<バラエティ>

1位   水曜日のダウンタウン
2位   マツコの知らない世界
3位   ニンゲン観察バラエティ モニタリング

<国内映画>

1位   娼年
2位   愛の渦
3位   今日、恋をはじめます

<アニメ>

1位   鬼滅の刃
2位   ダイヤのA actⅡ
3位   BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS

<ビジネス・日経>

1位   パラビジネス 見て得する!サクッと経済
2位   ガイアの夜明け
3位   ワールドビジネスサテライト

<韓流>

1位   知ってるお兄さん
2位   美男<イケメン>ですね(字幕版)
3位   花より男子~Boys Over Flowers(字幕版)

 

<音楽・ステージ>

1位   Sound Inn “S”
2位   MMA 2019 (Melon Music Awards)
3位   第34回ゴールデンディスクアワード with TikTok

 

ドマラ「ネット興亡記」を視聴するのが本来の目的だとは思いますが、残りのお試し期間でParaviの人気作品を視聴してみるのもオススメですよ♪

 

Paraviの2週間無料体験でドラマ「ネット興亡記」の無料視聴するならこちらをタップ

 

 

※本ページの情報は2020年4月29日(水)時点のものです。最新の情報は上記のバナーから公式サイトでご確認ください。

 

Paraviの無料会員の登録方法は?

Paraviの登録方法をご紹介します!

 

 

Paraviの公式サイトにアクセスし「まずは2週間無料体験」をクリック

 

ベーシックプランのアカウント作成の画面に移り、ここでメールアドレスか外部のサービスアカウント(日経、Facebook、Twitter、Google、Yahoo)でアカウントを作成していきます。

 

 

 

メールアドレスでアカウントを作成した場合、簡単な個人情報を入力する画面に移りますので名前、メールアドレス、パスワード、生年月日、性別、クレジットカード情報を入力していきます。

 

 

 

 

※登録する前に、PINコードを取得する必要があります。

 

メールアドレスの記入して「PINコードを送信」をクリックすれば、記入したメールアドレス宛に4桁のPINコードが届きます。発行後1時間をすぎると無効になりますので、PINコードの入力もれがないようにして下さい。

 

 

クレジットカード情報などの決済情報を記入し、間違いがなければ「利用規約およびプライバシーポリシーに同意する」をチェックし、下記の「クレジットカードで登録」をクリックして下さい。

 

「お知らせを受け取る」のチェックは必修ではありませんが、最新の情報やお得情報の配信が届きます。必要なければチェックを外しておいてください。

 

 

 

2~3分で登録できるので簡単できます。これでparaviの無料会員登録し、2週間の無料体験ができますよ!

 

 

 

Paraviの2週間無料体験でドラマ「ネット興亡記」の無料視聴するならこちらをタップ

 

※本ページの情報は2020年4月29日(水)時点のものです。最新の情報は上記のバナーから公式サイトでご確認ください。

 

 

ドラマ「ネット興亡記」の感想

 

 

 

「ネット興亡記」を視聴された方の感想では、有名IT起業家たちが登場とドキュメンタリー映画のような仕上がりになっているとなかなかの高評価です!

 

<第1話 ネットバブルの攻防>
インタビュー出演 :藤田晋(サイバーエージェント社長)、宇野康秀(USEN-NEXT HOLDINGS社長)
あらすじ :2000年、サイバーエージェントを最年少上場させ、頂点にいた26歳の藤田晋を待っていたのはネットバブルの崩壊と買収の危機だった。
配信日 :4月29日(水・祝) 0時〜

<第2話 インターネットの夜明け>
インタビュー出演 :鈴木幸一(IIJ会長)
あらすじ :「50歳手前で自己破産か……」。1992年、日本初のインターネット接続事業を始めた鈴木幸一だったが、かたくなに登録を拒む国の壁が立ちはだかっていた。
配信日 :5月6日(水・休) 0時〜

<第3話 メルカリの野望>
インタビュー出演 :山田進太郎(メルカリ社長)
あらすじ :「オーラ無し」「目立たない存在」―メルカリ創業者、山田進太郎が世界一周の旅を終えてたどり着いたヒントとは。そして、知られざる盟友との別れ。
配信日 :5月13日(水) 0時〜

<第4話 逆襲のLINE>
インタビュー出演 :出澤剛(LINE 社⻑)、舛田淳(LINE CSMO)
あらすじ :利用者8300万人。SNSの巨人LINEのヒットの突破口を開いたのは、2000年代に事件を起こした、あのライブドアの残党たちだった。
配信日 :5月20日(水) 0時〜

<第5話 孫正義とYahoo!>
あらすじ :LINEとの電撃的な経営統合で日本初のITジャイアントを目指すヤフーは、起業家・孫正義の事業拡大の土台となった。孫が見据えるその先とは。
配信日 :5月27日(水) 0時〜

引用:PR TIMES

 

 

 

 

Paraviの2週間無料体験でドラマ「ネット興亡記」の無料視聴するならこちらをタップ

 

※本ページの情報は2020年4月29日(水)時点のものです。最新の情報は上記のバナーから公式サイトでご確認ください。

 

まとめ

オリラジの藤森慎吾初主演のドラマ「ネット興亡記」の視聴方法についてご紹介させていただきました。

 

ドラマではシリアスな雰囲気で普段ではみられないような表情で楽しみなドラマですね。

 

有名IT起業家たちやドキュメンタリー映画のような仕上がりでなかなか評価の高いドラマになっています。

 

是非この機会にParaviでこのドラマ「ネット興亡記」を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク

 

んじゃまた!

コメント