【動画あり】ルークリトルのwikiプロフや身長体重は?球速・球種も調査してみた!

 

サンジャッキントン大学2回生のルークリトル投手が、ブルペン投球で169kmの球速を記録し話題になっています。

 

たとえブルペン投球と言えども、強靭な肉体がないと出せない球速ですよね。

 

二刀流の大谷翔平選手がもっている日本記録165kmを超えるストレートで、将来が楽しみな選手ですね。

 

 

そこで今回この記事では、「ルークリトル投手のwikiプロフや身長体重は?球速・球種など調査」と題してまとめていきます。

 

ではさっそく、「ルークリトル投手のwikiプロフや身長体重」を確認していきましょう!

 

 

スポンサーリンク

【動画あり】ルークリトル投手のwikiプロフや身長体重は?球速・球種など調査

名前 ルークリトル(Luke Little)
出身 アメリカ・ノースカロライナ州
年齢 19歳(2020年5月時点)
身長 203cm
体重 109kg
大学 テキサス州サンジャッキントン大学
愛称 ビックリトル

ルークリトル投手のwikiプロフや身長体重は?

ルークリトル投手の身長は203cm・体重109kgで名前にリトルとありますが、身長は2m以上もあり愛称はビックリトルです。

 

ルークリトル投手についてのプロフィールはまだ公表されていませんでしたが、このツイートは大学入学前でしょうか?

 

 

グラウンドでご両親と一緒に写真を投稿されています。

 

ルークリトル投手の体の大きさはご両親譲りですね(笑)

 

 

クリスマスパーティーでの写真です。楽しそうですね。

 

 

そして、この投手の左腕からの放たれるストレートがものすごいと話題になっています。

 

 

4月24日、自身のツイッターに新たな節目という動画を投稿!

 

マウンド後方から撮影された映像には、左腕から伸びていく剛速球とあまりの球速に取りそこなうキャッチャーの姿がおさめられています。

 

スピードガンの数値はブルペンでの最高記録の102マイル(約164km)を計測!

 

 

大谷翔平選手の最高速度が165kmなのでほぼ同じ球速です。

 

 

それがこの映像です。

 

 

5月8日の投稿に105マイル(約169km)の球速をマークした映像が投稿されています。

 

 

 

2週間たらずで4kmほど球速をアップするなんてすごいですね

 

制球力や球種など気になりますが、これから、どこまでこの球速を伸ばしてくるのか楽しみですね。

 

プロで通用するかどうかはともかく、剛速球はいつの時代でも野球ファンのロマンでもあり夢、この調子なら170㎞の球速がでる可能性が高いですね。

 

だた肘と肩の負担がかなりかかってそうなので無理をしない程度で怪我だけは気を付けてほしいですね。

 

 

ルークリトル投手の球速・球種は?

ルークリトル投手は、4つのシームのファストボール、スライダー、シンカー、チェンジアップ、カーブボールを投げます。

 

 

試合中の投球フォームをみてみるとオーバースローではなく、すこしサイド気味で横から腕がでてくるフォームです。

 

これだけの球威があって左バッターは打ちにくいと思いますよ。

 

 

球種は、チェンジアップとカーブボールをもっと上達させたと言っています。

 

あの豪速球と変化球のコンビネーションだと打つのが難しそうですね。

 

 

ちなみに日本最速のピッチャーは二刀流で大谷翔平投手!

 

世界最速のピッチャーはチャップマン投手の171kmです。

 

 

ルークリトル投手はブルペンでの投球とはいえ、球速が世界記録まであと僅かです。

 

夢の170km代のストレート近いうつにみれるかもしれませんね!

 

まとめ

ルークリトル投手についてご紹介いたしました。

 

まで大学生ですが、ブルペン投球で169kmをマークし非常に注目されている選手です。

 

これからどんな選手に成長されるか楽しみですね。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク

 

んじゃまた!

コメント