東京湾メガマウスは南海トラフ大地震の前兆か?三浦半島の異臭騒動との関係も調査した

 

6月11日(木)に幻の巨大サメ「メガマウス」が生きたまま定置網にかかっている東京湾の沖合に発見されました。

迷信かもしれないけど、メガマウスが発見されたら大地震の前兆っていわれていますよね!

Twitterでもメガマウスは南海トラフ大地震の予兆だって声をたくさんみかけました。

 

そして先日、「三浦半島で謎の異臭騒ぎ」があったときも近々地震が来るんじゃないかって記事になっていましたし、「メガマウス」の発見は南海トラフ大地震の前兆か気になりました。

 

そこで今回この記事では「東京湾メガマウスは南海トラフ大地震の前兆か?三浦半島の異臭騒動との関係も調査した」と題してまとめていきます。

ではさっそく、「東京湾メガマウスは南海トラフ大地震の前兆」かを確認してきましょう!

 

スポンサーリンク

東京湾メガマウスは南海トラフ大地震の前兆か?三浦半島の異臭騒動との関係も調査した

東京湾メガマウスは南海トラフ大地震の前兆か?

東京湾メガマウスは南海トラフ大地震の前兆?

大きな口の巨大ザメ「メガマウス」6メートルほどの大きさで館山市の沖合800メートルにある定置網に生きたままかかっていました。

深海にいるので捕獲されるのは大変珍らしく、メガマウスが発見されると地震の予兆と言われています。

南海トラフのような大地震が起こってしまうのでしょうか?

「メガマウスと地震の関係」は、私は科学的根拠もないのでただの迷信や都市伝説だと考えています。

2017年に「メガマウスザメ」が三重県で発見されたときも「南海トラフ地震が起こる前兆かも」と騒動になり、地震の噂は広く伝わっています。

噂になった理由

幻のサメと言われる「メガマウス」は深海魚であって、打ち上げされることは稀でほとんどありません。

変わったことがあると悪い出来事を想像してしまうのが昔からの考え方なんですよね!

見た目も大きさも地震を起こす「大ナマズ」と似ていますから、「メガマウスザメ」が発見されたら地震の前兆と考えるようになりました。

 

メガマウス発見前後に大地震が起きている

実は「メガマウスは発見されたら2ヶ月以内に巨大地震が発生する」可能性が高いのは事実です。

噂にしてはメガマウスと地震のシンクロ率が高いんです。

 

メガマウスザメが打ち上げ、捕獲された日付と地震が発生した日付を表にしてまとめてみました。

メガマウスザメ 地震
1989年1月23日
静岡県浜松市
1989年2月19日
茨城県南部地震(M5.6)
1989年6月12日
静岡県駿河湾
1989年7月9日
伊豆半島東方沖地震(M5.5)
1989年7月13日
伊豆で海底火山が噴火
1994年11月29日
福岡県博多湾
1995年1月17日
阪神淡路大震災(M7.3)
1997年5月1日
三重県鳥羽市沖
1997年5月13日
鹿児島県北西部地震(M6.4)
1998年4月23日
三重県鳥阿田和
1998年5月4日
石垣島南方沖地震(M7.7)
2003年8月7日
静岡県御前崎沖
2003年9月3日
神奈川県真鶴町
2003年9月26日
十勝沖地震(M8.0)
2003年10月26日
静岡県沖地震(M7.1)
2004年4月4日
東京都東京湾
2004年4月4日(同日)
茨城県沖地震(M5.8)
2004年4月23日
静岡県網代沖
2004年10月23日
新潟県中越地震(M6.8)
2005年1月23日
三重県沖
2005年3月20日
福岡県西方沖地震(M7.0)
2006年5月2日
神奈川県相模湾
2006年6月12日
大分県中部地震(M6.2)
2007年7月9日
茨城県東沖
2007年7月16日
新潟県中越沖地震(M6.8)
2007年8月18日
千葉県東方沖地震(M4.8)
2011年1月14日
三重県尾鷲市沖
2011年3月11日
東日本大震災(M9.0)
2014年4月14日 
静岡県由比漁港
2014年5月5日
伊豆大島近海地震(M6.0)
2016年4月18日
三重県尾鷲漁港
2016年4月14日
熊本地震(M6.5)
2017年5月22日
千葉県館山市沖合
2017年5月26日
三重県尾鷲市沖
2017年6月20日
大分豊後水道地震(M5.0)
2017年6月25日
長野県南部地震(M5.7)

メガマウスザメが打ち上げや捕獲があってから数日~2ヶ月の間に巨大地震が起きていました。

茨城県沖地震はメガマウスザメが発見されてから同じ日ですもんね。

ここまで高い確率地震が発生していると正直怖いです…

メガマウスが捕獲されたら地震の予兆と考えてしまうのも当然かもしれませんね。

ただ過去の事例では、打ち上げられた場所で地震が起こっているわけではありません。

東京湾メガマウスと三浦半島の異臭騒動との関係は?

 

メガマウスが発見された東京湾の館山市は、謎の異臭騒動があった三浦半島と近いんですね。

何かの異変の前兆でしょうか?

さすがにちょっと不気味です…

気象庁地震情報課は「地震と異臭の関係は分からない」とコメントしていますが、要警戒ですよね。

そう言えば、イルミナティカードで横浜のカードがありました。

赤レンガの上の欠けたところが関東の地図ととちょっと似ているような気がします。

この横浜と思われるイルミナティカードはもしかしたら地震の予知かもしれませんね。

 

新型コロナウイルスという流行病が広がって不安な世の中だから余計に悪い出来事を考えがちです。

メガマウスが発見されたからとかではなく、日本は地震が多い地域なのでいつ起きるかわかりません。

もしかしたら、数日の間に時間が発生する可能性だってあります。

私達ができることと言えば、いざという時に最低限の防災グッズを備えておくことぐらいです。

電気、ガス、水道というライフラインがストップする可能性を考えると、2~3日の水分と保存食は必要です。

それと、スマホの充電は?トイレは?歯磨きは?

 

防災グッズはどこまで揃えたらいいのか、自分で揃えるのが大変そう…

まだ用意されていない方や何を揃えたらいいか分からない方は、防災のプロが厳選した防災グッズがありますよ。

防災グッズ

オリジナル防災バッグ OTE

 

「オリジナル防災バッグ OTE」は洗練されたデザインの「防災士監修の防災グッズ、防災セット」です。

お部屋のインテリアにも近くにこのバックを置いていてもお部屋にあっても違和感がありません。

裏側の4か所に強力なマグネットがついており、普段から玄関のスチールドアの内側などに設置しておくことができますので、いざという時に確実に持ち出せます。

 

防災グッズには下記の商品が入っています。

防災用キャップ・強力ヘッドライト・乾電池・不織布マスク・ポケットレインコート・軍手ブラック(MWロゴ入り)・非常用手回し充電ラジオライト(MWロゴ入り)・緊急用ホイッスル・5年保証-超防災用ウエットティッシュ・救急セット エイドチーム2・5年保存 高賀の森水・5年保存 生命のパンあんしん-オレンジ・4層!防寒・防風アルミシート

 

バッグだけの購入もできますよ!

 

玄関扉に取りつける防災バッグ「OTE(OnTheExit)」!!

 

 

防災士監修、非常用セット Safety Plus

こちらも使用しない場合でもお部屋に馴染むようにデザインされたリュックサックで、中央の十字マークは蛍光塗料を使用。

機能満載のラジオ付き手回し懐中電灯がついていて、モバイルバッテリー内蔵でスマホ充電の付きです。

 

防災グッズには下記の商品が入っています。

ラジオ付き手回し懐中電灯、エアー枕・アイマスク・耳栓、非常用トイレ、レジャーシート、レインコート、救急セット、エアーマット、ブランケット、保存水、乾パン、アルファ米、非常用給水袋、フード付きアルミポンチョ、簡易アルミ寝袋、マルチツール、非常用ホイッスル、LEDミニライト、折り畳みコップ、USB充電ケーブル、ロープ、ビニールケース、軍手、カイロ、マスク、乾電池

 

防災士監修、非常用セット Safety Plus

 

防災セットメーカーLA・PITA直営サイト【アットレスキュー】

ネット通販大手の楽天市場で、初めて防災セットで総合1位になった防災セット「SHELTERシリーズ」や、国内実績のある防災セットメーカーLA・PITAが開発した防災セットが販売されています。

 

「SHELTERシリーズ」(画像クリックすると商品紹介ページに飛びます)

 

テレビや雑誌など各メディアでも取り上げられているおしゃれな「防災セットラピタ」もオススメ防災セットです。

 

「防災セットラピタ」(画像クリックすると商品紹介ページに飛びます)

 

 

「転がす」「背負う」「持つ」3WAYキャリーリュック採用 ものすごい防災セットシリーズ

 

その他

 

 

 

 

まとめ

東京湾メガマウス発見は南海トラフ大地震の前兆かと、三浦半島の異臭騒動との関係についてまとめました。

メガマウスザメと地震の関係は迷信や都市伝説だと思いませんが、これまでのメガマウスザメが打ち上げ、捕獲された2~3ヶ月後に大地震が発生していますので、警戒はしておかなければいけません。

 

<関連記事>

5.11の地震の予言がデマか本当か?イルミナティカードはコロナも的中していたと話題!

横浜核攻撃の予言はデマか本当?イルミナティカードが的中してるかも検証!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

んじゃまた!

スポンサーリンク

 

 

コメント