根尾昂のプロでの成績や評価は?プロフィールや経歴のまとめ

 

毎度!ライヒーです。

 

中日ドラゴンズの根尾昂選手に焦点をあてていきたいと思います。

 

今シーズンは期待されながら一軍での出番はほとんどありませんでしたが、ファームでは444打席を経験し打撃に磨きをかけてきました。

2019年ドラフトで東邦・石川昂弥選手を1位指名し、将来は「3番・石川 4番・根尾」でクリーンナップを担ってほしいという期待の声も大きく根尾選手は間違いなくこれからの中日ドラゴンズの顔となる選手であると思います。

 

今回この記事では、根尾昂選手のプロフィール・経歴、プロでの成績、プロでの成績、評価についてまとめてきたので、よかったら参考にしてくださいね。

では最初に、根尾昂選手のプロフィール・経歴から確認していきましょう!

 

スポンサーリンク

根尾昂選手のプロフィール・経歴

名前:根尾 昂(ねお あきら)
生年月日:2000年4月19日
身長・体重:177cm 80kg
出身地:岐阜県
プロ入り:2018年ドラフト1位指名・2019年入団・プロ1年目
経歴:河合小-古川中-大阪桐蔭高
ポジション:遊撃手
投打:右投左打
背番号:7

 

岐阜県飛騨市出身の根尾選手。

小学2年生から野球を始め、6年生の時にはドラゴンズジュニアにも選出された。

中学生の頃は「飛騨高山ボーイズ」に所属しており、中学3年生の時に最速146km/hを出し、

スーパー中学生」と言われ中学時代から注目されていました。

 

また、幼いころはスキーをしていて、優勝もしているくらい運動神経抜群。

運動神経が良いだけではなく、両親は医者であり、兄弟も医学部生・看護師をしており、根尾選手自身も学校での成績も優秀で文武両道でもあります。

インタビューなどでの発言を聞いていても、きちんとした敬語を使って話す姿から真面目で秀才な雰囲気が伝わってきます。

 

高校は名門・大阪桐蔭高校へ進学。

大阪桐蔭高校時代には1年生の夏からベンチ入りしており、

甲子園には4回連続出場、2年生の春センバツ優勝、3年生では春夏連覇、「大阪桐蔭最強世代」の一員でもありました。

 

U-18にも選出され、侍ジャパンの一員として銅メダルに輝きました。

 

2018年ドラフト会議では4球団競合の末、中日ドラゴンズが交渉権を獲得し、2019年入団。

入寮時にはテレビを持ち込まなかったくらい、野球のためならどんな努力もするストイックな選手であると思います。

根尾昂選手のプロでの成績

ルーキーイヤーの今シーズンは1月からスタートした新人合同自主トレ中に肉離れをしてしまい、春季キャンプは二軍スタート。

 

主に二軍戦に出場し、シーズン序盤はプロの球への対応に苦労し、

なかなか打撃成績も振るわなかったが、二軍でほぼ1年間通してスタメン出場。

守備・打撃ともに試合で多くの実戦を積んできました。

9月に入ると11試合連続安打、月間打率.355と好調をキープ。

 

9月27日対広島戦(マツダスタジアム)でついに一軍初昇格を果たします。

広島には同じくドラフト1位ルーキー・小園選手が居たため、ドラフト1位対決に注目が集まりました。

9回表、代打に備えてネクストバッターズサークルには登場したものの、打席は回らず残念ながら9月27日の出場はありませんでした…。

 

 

その後9月29日対阪神戦(甲子園)にて7回裏京田選手に代わりショートで守備につき、一軍初出場!

その後8回表に一軍初打席にたちましたが、結果は空振り三振でした。

 

夏の高校野球のスターが聖地・甲子園にプロ野球選手として帰ってきた!と大変話題になりました。

その翌日9月30日同じく対阪神戦(甲子園)にて7回二死一、二塁の場面に代打で出場。

この日も空振り三振に倒れ、今シーズン中のプロ初ヒットは残念ながら放てませんでした。

 

一軍での結果は最終的に2打席で2三振。

成績だけ見たら残念がる意見が多いかもしれませんが、来シーズンへの期待はより一層大きくなったと思います。

 

<2軍成績>

年度 試合 打席数 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
2019 108 444 410 86 2 33 9 127 .210

根尾選手の評価

昨年の夏の甲子園での活躍もまだ記憶に新しい根尾選手。

プロ入りの際には「ショート1本でやらせてほしい」と宣言したほど、“ショート”というポジションにはこだわりを持っているように思います。

 

岐阜県飛騨市出身でもあり、中日ドラゴンズの地元・名古屋にも近いため、地元出身選手として入団当初から多くのファンから期待の声も大きいです。

 

今シーズンは主に二軍戦での出場となりましたが、ほぼ全試合に出場し、試合がない日も休日返上で練習に打ち込んできました。

プロ入りしてからも高校時代と変わらぬ努力を続けている姿からも、来シーズン以降も期待ができるのではないかと思います。

 

 

今シーズン終了後の10月はみやざきフェニックスリーグに参加し全試合出場。

また11月中旬までは沖縄での秋季キャンプに参加。

そこでは二塁や外野にも挑戦し、複数ポジションを守れるようさらなるレベルアップを目指す。

厳しい練習を経て11月下旬からは台湾で行われるアジアウィンターベースボールリーグにNPB WHITEの一員として参加予定。

 

ルーキーイヤーの今季は多くの実戦経験を積み、来シーズンへの飛躍へと繋げてくれると期待しています。

まとめ

根尾昂選手のプロフィール・経歴、プロでの成績、プロでの成績、評価について簡単にまとめました。

このまま順調に成長すれば間違いなく数年後には中日ドラゴンズの主軸打者になるはずなので、成長を見守っていきたいですね。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

んじゃまた!

スポンサーリンク

 

コメント