佐々木朗希の球団評価とドラフト指名予想は?出身中学など経歴のまとめ!

 

毎度!ライヒーです。

 

皆さんご存知だとは思いますが、U18候補選手合宿で佐々木朗希投手の球速が163kmを計測して高校最速記録更新するという凄い記録がでました。

 

これまで彼の記録が157kmが最速だったから6kmも更新したんです。

 

ライヒー
ライヒー

むっちゃすごいやん!

 

これまでの記録は大谷翔平投手の160kmが最速でした。

 

 

佐々木投手がこれからもっと成長していけば夢の170kmを計測する日がくるかもしれない!

 

 

菊地雄星、大谷翔平を超える「令和の新怪物」。

 

これからが楽しみです!

 

と言うことで今回この記事では佐々木朗希投手の

 

  • 経歴
  • 特徴
  • 球団の評価
  • ドラフト指名予想

 

についてまとめてきたので良かったら参考にして下さい。

 

 

では最初に佐々木朗希投手の経歴から見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

佐々木朗希の経歴

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

MOMENTスタッフさん(@moment_photo2018)がシェアした投稿

  • 名前:佐々木朗希(ささき ろうき)
  • 生年月日:2001年11月3日
  • 出身:岩手県陸前高田市
  • 身長:190cm
  • 体重:86kg
  • 投球・打席:右投・右打
  • 出身小学校:陸前高田市立高田小学校→大船渡市立猪川小学校
  • 出身中学校:大船渡市立第一中学校 

小学校時代に東日本大震災で被災し大船橋市に移住し、大船渡市立猪川小学校へ転校しています。

 

大船渡市立第一中学校時代は気仙郡住田町の中学生軟式野球選抜チームである「オール気仙」に所属しKB東北大会で準優勝をしています。

 

この時にはすでに球速140kmを出していました!

 

この当時から注目されていた佐々木投手ですが、ある逸話があります。

 

それは、ある試合でセンターを守っていた佐々木投手、そこに打球がとんでくると迷わず一塁へ送球!

 

なんと肩の強さを発揮し、センターゴロでアウトにしてしまいました。

 

ライヒー
ライヒー

ライトゴロはたまにみるけど、センターゴロでアウトにできるなんてすごいレーザービームで投げたんだろうね!

 

 

 

中学生の時から注目されていた佐々木朗希投手。

 

多数の強豪校からの誘いがありながら、それを蹴ってまで大船渡高校を選んでいます!

 

なぜなら、「中学校の仲間と一緒に野球を共にし」そして「東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県大船渡市を元気にしたい」という思いがあり、あえて35年甲子園出場から遠ざかっている地元の公立である大船渡高校を選びました!

 

佐々木投手曰く、「長い間、岩手の公立高校が甲子園に出場できていないのでがんばれば甲子園にでれるんだということろを見せていきたい」と語っています!

 

地元愛にあふれ、中学時代から共に頑張ってきた仲間と一緒に甲子園に行きたいと強い思いがあるんですね!

 

しかし、昨年の夏は県大会3回戦敗退、そして秋は県大会準決勝敗退とまだ甲子園出場経験はありません。

 

今年夏最後のチャンスです!

 

なんとか甲子園に出場してほしいですよね!

 

ライヒー
ライヒー

県大会から応援するでぇ~!

佐々木朗希の特徴

2018年岩手大会で球速154kmを計測しています。

 

その時の動画がこれ!

そして、県4強へ進出した同秋には3km更新し、最速157kmを計測。

 

さらに今年2019年4月9日でU18候補選手合宿「紅白戦」で163kmを計測し、度肝を抜きました!

腕を投げる瞬間に速くムチのように振っており、すでに理想に近いフォーム。

 

きっちりとした体幹で軸がブレず球にきちんと力が伝わっています。

 

ストレートだけじゃなく変化球も能力が高い。

 

フォーク、スライダー 切れ味抜群の変化球、ストレートと同じ軌道でバッターの手元で急速に曲がってくる。

 

身体能力も高く50メートル5秒9で、打順は4番と野球センス抜群。

 

18才以下の世代では世界最高の逸材でしょう!

 

どこまで成長するのでしょうか?

 

将来が楽しみです!

 

スポンサーリンク

佐々木朗希の球団の評価は?

メジャー含め10球団のスカウト評価です。

 

4月7日に掲載された日刊スポーツより引用させていただいております。

◆巨人長谷川スカウト部長:松坂だってマー君だって(打球が)前に飛んでいた。行くチームによっては、来年1軍のエースだよ。普通にケガなくやって、開幕を迎えてほしい。そんな感じの投手です。

◆ヤクルト橿渕スカウトグループデスク:見るたびに驚かされる。衝撃度は過去でNO・1。直球が速いだけじゃなくて暴れない。計り知れない能力。

◆DeNA吉田スカウト部長:フォームにもアクセントがある。プロでも十分に通用する。

◆中日松永編成部長:誰が見ても素晴らしいのは間違いない。常時150キロを簡単に投げられる。投げ方がいいからブレがない。故障もしにくそう。

◆阪神畑山統括スカウト:すごいの一言。高校世代では抜けている気がする。近年では(藤浪)晋太郎、大谷以来のスケールかな。

◆ソフトバンク永井編成育成本部長:衝撃的。こんな投手、過去にいない。すぐに1軍に連れて行って投げさせてみたいくらい。

◆西武潮崎編成グループディレクター:いま1軍に入っても飛び抜けているのでは。(松坂)大輔も1年目から良かったけれど、能力やポテンシャルでは大輔のさらに上をいっている。スタミナとかは大輔の方があると思う。

◆日本ハム大渕スカウト部長:高校生としては規格外。普通の高校生はエンジンとセンスの一方しか持っていない。彼には両方ある。

◆楽天福田チーム統括本部スカウト:筋力がまだついてなく骨格の良さだけで投げているのに、言うことない。今まで見た投手の中で最高です。

◆ロイヤルズ大屋国際スカウト:信じられない。こんな投手は見たことがない。何の力みもなく99マイル(約159・3キロ)が出た。体はまだ大人になる。まだ65%くらいでしょう。

出典:https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201904070000127.html

 

各球団のスカウト最上級の評価です。

 

体格ができてなく、あれだけの球速のあるストレートを投げれるので筋力をつけたらほんとに170kmでるかもしれませんね!

 

だだこれから甲子園を目指して酷使して、怪我だけはされてほしいですね。

 

佐々木朗希をドラフト指名する球団は?

これまでのドラフトで最多指名は1989年の野茂英雄さんと90年の小池秀郎さんの8球団でした。

 

今年は高校、大学、社会人と逸材が集まっているので思い切って各球団佐々木朗希投手を1位で指名しこれまでの最多になるかもしれません。

 

なぜなら、今年は逸材揃いなのではずれ1位でもいい選手を獲得できる計算。

 

 

佐々木朗希が甲子園に出場して大活躍すればまちがいなく競合になりますね!

 

 

日ハムと楽天は1位指名してくるでしょう!

 

日ハムは昨年から名乗りをあげています。

 

ダルビッシュや大谷翔平をメジャーへ輩出し、育成に定評があります。

 

 

そして地元の球団である楽天も指名するでしょう!

 

 

佐々木朗希投手がもっとも活躍できる球団に入団してほしいと願っていますが、私は、東日本大震災で大きな被害うけた人達に元気にしたいという思い、やはり佐々木朗希投手は楽天に入るのがベストだと考えています。

 

 

<関連記事>
奥川恭伸の球団の評価とドラフト指名予想は?出身中学など経歴のまとめ!

及川雅貴の球団の評価とドラフト指名予想は?出身中学など経歴のまとめ!

西純矢の球団の評価とドラフト指名予想は?出身中学など経歴のまとめ!

まとめ

まとめ

佐々木朗希投手の経歴、特徴、球団の評価、ドラフト指名予想を簡単にまとめてみました。

 

細い体ですが、しなるようなフォームで投げる速球は最速163km。

 

最速記録の更新ばかり目に行きがちですが、プロに入るまで怪我無く順調に来てほしいですよね。

 

まだまだ伸びしろがある投手なのでこれからが楽しみですね。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク

 

んじゃまた!

コメント