シマトレーディングって何の会社?ユースビオの関係や代表取締役社長は誰で名前も調査

 

 

2020年4月28日、アベノマスク関連会社の国会答弁で「シマトレーディング」というユースビオのマスクを輸入代行していた会社と判明しTwitterで話題になっています。

 

ったいどんな会社なのでしょうか?怪しさMAXですね。

 

 

そこで今回この記事では、「シマトレーディングって何の会社?ユースビオの関係や代表取締役社長は誰で名前も調査」と題してまとめていきます。

 

 

ではさっそく、シマトレーディングって何の会社なのかを確認していきましょう!

 

 

スポンサーリンク

シマトレーディングって何の会社?ユースビオの関係や代表取締役社長は誰で名前も調査

 

シマトレーディングって何の会社?

2020年4月28日の国会答弁で加藤勝信厚生労働大臣が、アベノマスクの最後の4社目「ユースピオ」以外に「シマトレーディング」という会社が関わっていると答えてしまいました。

 

「シマトレーディング」の所在地は千葉にあり、切花・切葉の輸入卸売をしている会社です。

 

 

「ユースピオ」→マスクの布の調達、納品時期の調整、「シマトレーディング」→生産輸出入の担当

 

 

「シマトレーディング」は、「ユースピオ」の下請けのようですね。

 

 

 

「シマトレーディング」の会社概要を確認していきましょう!

 

 

会社名 株式会社 シマトレーディング
代表取締役 島 正行
所在地 〒286-0221 千葉県富里市七栄199-75
主な事業内容 切花・切葉の輸入卸売業

 

事業内容は切花・切葉の輸入卸売業… 千葉県のシマトレーディング、代表取締役は島正行さんです。

 

ホームページでは衛生用品やマスクの事業は確認できませんでした。

 

シマトレーディングのホームページはこちらです。⇒ 千葉県の(株)シマトレーディング

 

 

 

Twitterを更に調べてみると、福島で会社を立ち上げ、拠点を千葉に戻したそうです。

 

 

シマトレーディングの福島県の登記上の住所はこちら!

 

引用:法人番号公表サイト

 

 

「シマトレーディング」の所在地は「福島県福島市飯坂町字舘6番地の3」

 

 

ここには一軒家が建っており、だれも住んでいないとTwitterでアップされていました。情報がはやいですね!

 

 

 

この情報をまとめると、シマトレーディングは福島で立ち上げ、営業拠点を千葉に移し、切花・切葉の輸入卸売の事業をしている会社という事になる。

 

 

切花・切葉の輸入卸売の事業している会社になぜマスクを発注したのだろうか…

 

 

 

シマトレーディングに直接電話された方もいらっしゃいました。

 

  • 代表の島正行の息子さんがマスクの入管業務されていた。
  • 島正行さんと樋山茂さんは知り合いだった。
  • 樋山茂さんがベトナムにつてがあった。

 

こういう理由で「シマトレーディング」がアベノマスクに関わる事になったのか…

 

 

頭の中が???でいっぱいだ

 

追記

niftyニュースによると

樋山茂とは母方の親戚に当たり、マスクをやることになったから通関業務のお手伝いをしてほしいと頼まれた」と報じています。

 

 

シマトレーディングとユースビオの関係や代表取締役社長は誰で名前は?

さらに調べてみると、登記上のシマトレーディングの代表取締役は「樋山賀代子」となっている。

 

「ユースビオ」の社長は「樋山茂」で、「シマトレーディング」は「樋山賀代子」!

 

 

この二人は同じ苗字…

 

親子で「樋山茂」の母親の可能性が高そうですね。

 

だとしたら「ユースビオ」と「シマトレーディング」は同族会社になります。

 

 

 

 

まとめ

アベノマスクに「シマトレーディング」という新たな会社がでてきました。

 

登記上は福島県にあり代表取締役社長は「樋山賀代子」さんということも判明しました。

 

「ユースビオ」の樋山茂代表の母親の可能性が高く、同族会社で仕事をまわしていたことになります。

 

新型コロナウイルスで日本国民が大変な時にどうしてこんなことになるんでしょうか?

 

しっかり追求してほしいですね。

 

<関連記事>

ユースビオって何の会社?樋山ユースポットとの関係や代表取締役社長は誰で名前も調査

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

んじゃまた!

スポンサーリンク

 

コメント