祖父江大輔の評価や年俸は?プロフィールや経歴についても

 

毎度!ライヒーです。

 

今回は中日ドラゴンズの祖父江大輔投手について焦点をあてていきたいと思います。

 

今シーズンも中継ぎ投手としてフル回転だった祖父江投手の実家は日邦製菓というお菓子メーカー!

主力商品がキャラメルなのでキャラメル王子とも呼ばれています。

ナゴヤドームでキャラメルを使ったコラボ飲食メニューも出ており、本人自ら宣伝ポスターや看板にも出演しています。

 

この記事ではそんな祖父江大輔投手の

  • プロフィール・経歴
  • プロでの成績
  • 評価や年俸

について調査してきました。

 

ではさっそく祖父江大輔投手のプロフィール・経歴について確認していきましょう!

 

 

スポンサーリンク

祖父江大輔のプロフィール・経歴

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@a4s1a8o1がシェアした投稿

名前:祖父江大輔(そぶえだいすけ)
生年月日:1987年8月11日
身長・体重:175cm 80kg
出身地:愛知県
プロ入り:2013年ドラフト5位指名・2014年入団・プロ6年目
経歴:明正小ー富田中ー愛知高ー愛知大ートヨタ自動車
ポジション:投手
投打:右投左打
背番号:33

 

野球を始めたのは小学生で軟式野球の中川青葉に所属。

 

中学生になると一時期愛知西シニアに所属していたが、体力不足を理由に退部し、その後は父親と練習をしていて、基礎を築いて体力アップに励みました。

 

高校は愛知高校に進学し、主に二塁手や遊撃手としてプレーしていましたが、ピッチャーとして救援登板!

愛知大学へ進学後、本格的に投手に転向し4年生の春季リーグ時に6勝(うち3完封)の活躍をして入れ替え戦でも2試合で完投勝利、完封勝利を果たしチームを1部昇格に導いています。

 

大学時代にプロ10球団から注目され、プロ志望届を出しましたが指名漏れとなり、社会人野球のトヨタ自動車へ進みました。 

1年目から中継ぎや抑えで登板をしており、ドラフト指名対象期間に入った2年目からも毎年指名候補に名前が挙がって注目される投手になっていきます。

 

そして、社会人4年目のシーズンオフに中日ドラゴンズから5巡目で指名を受け、プロ野球選手となることができました。

 

祖父江大輔のプロでの成績

球種はストレート、スライダー、シュート、チェンジアップ、テイクバックの少ないフォームで小柄な体格ですが、最速152キロの直球と大きく縦に曲がるスライダーが武器の投手です。

 

主に中継ぎ投手として活躍。

 

1年目にはシーズン開幕してすぐの4月4日巨人戦(ナゴヤドーム)で9回表に初登板を果たすとその後も登板を重ね、チーム2位の54試合に登板。

0勝3敗という成績ではありましたが、11ホールド、防御率3.53という成績を残し、即戦力としてルーキーイヤーから活躍をしていました。

 

2015年は初の開幕一軍入りを果たします。8月25日DeNA戦(横浜スタジアム)では初セーブ

 

2016年には5月28日から7月13日まで16登板試合無失点を記録。

 

2017年4月20日阪神戦(ナゴヤドーム)ではチームが逆転勝利し、通算142試合目の登板でプロ初勝利を挙げました。

「中継ぎはそんなに勝ちにはこだわってはいけないけど、1勝はしたかった。友達から『まだ勝ってないの!?』と言われたりしていた」と当時は喜びの心境を語っていました。

 

2018年はチームトップの51試合に登板していましたが、2度二軍落ちもしています。

 

2019年も44試合に登板、勝ち試合でも負け試合でも登板することが多く、3勝4敗1セーブ3ホールド、防御率3.11という成績でした。

 

祖父江選手の評価や年俸は?

 

中継ぎ投手として大きな怪我などもなく、毎年30試合以上に登板!防御率も2点台から3点台を保っており、頼もしい活躍を見せてくれています。

 

普段は明るいキャラクターですが、投球の際は鋭い眼光で睨む険しい顔をしているというギャップがある選手です。

その鋭い眼差しで捕手をみる姿は眼光ビームと言われてもいます。

球団のイケメンコンテストでは2年連続ランクインし、髭と鋭い眼光のワイルドなルックスでイケメン選手の1人です。

ファンフェスタでは、毎年行われる紅白戦で前二軍監督の小笠原道大さんのバッティングフォームのモノマネで観客の笑いを誘っています

 

ちなみにモノマネ本家の小笠原ミニ大(比嘉速人)さんも祖父江選手のモノマネにはライバル心を燃やしているようですね(笑)

 

 

2019年オフの契約更改では年俸のダウン提示を受け、「継続的な登板数を評価して欲しい」という祖父江投手!

 

「登板数は評価するが、年俸に反映させるほどではない。査定の対象はあくまでも今年(2019年)の成績なので、要望通りに評価して欲しいなら早くFA権を取ってください。」

 

という球団側との査定の見解の違いが生じ、更改を保留とした事でダルビッシュ有投手がその球団側の査定に対して言及し、Twitter上でかなり話題になったほど。

 

最終的には再度契約更改での話し合いで 金額の詳細はさまざまな意見がありますが、本人も「頭がしっかり整理できました」と納得した上で、前回保留の100万円減の3500万円で契約しています。

 

契約後の会見では祖父江投手自身は「条件面で争っていたのではなく、自分の考えがまとまっていなかった」と…

2019年シーズン、祖父江投手自身は「大事なところでやられたり、開幕の時は8回を投げていたのに、チャンスを掴めなかった」と悔しさを来シーズンにぶつけてほしいですよね。

 

祖父江投手がさらなるレベルアップをし、フル稼働してくれたらきっと来季のドラゴンズの中継ぎはさらに頼もしくなると思います。

まとめ

中日ドラゴンズの「キャラメル王子」こと祖父江大輔投手についてまとめました。

強面で一見怖そうですが、非常に明るいキャラをしていて人気の選手ですね。

契約更新で少し揉めましたが、来季に向かって中継ぎエースとして期待しています。

 

<関連記事>

2019年中日ドラゴンズのイケメン選手ランキングトップ10!かっこいい写真付で紹介!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

んじゃまた!

スポンサーリンク

 

コメント