田澤純一の現在!結婚・生涯年俸・日本球界復帰や引退の可能性を調査

 

メジャーリーガーの田澤投手はレッドソックスのセットアッパーでワールドシリーズ制覇も経験しているすごい投手ですよね!

そういえば田澤投手ってメジャーリーグでの活躍最近きかないし、現在どうしてるのかな…

日本球界に復帰?それとも引退するんでしょうか?ちょっと気になりました!

 

そこで今回この記事では「田澤純一の現在!結婚・生涯年俸・日本球界復帰や引退の可能性を調査」と題してまとめていきます。

ではさっそく、「田澤純一の現在」を確認していきましょう!

 

 

スポンサーリンク

田澤(田沢)純一の現在!結婚・生涯年俸・引退や日本球界復帰の可能性を調査

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

戸村 拓己(@07tomtom53)がシェアした投稿

 

名前 田澤純一(たざわじゅんいち)
生年月日 1986年6月6日
出身地 神奈川県横浜市
身長 180㎝
体重 90kg
出身校 横浜商科大学高校
投球・打席 右投げ右打ち
ポジション ピッチャー
プロ入り レッドソックス→レッドソックス→マーリンズ→エンゼルス
初出場 2009年8月7日
年俸 $900,000(2019年)

田澤純一の現在は?

田澤純一投手の活躍したニュースを最近みかけませんね。

新型コロナウイルスの影響でメジャーリーグ開幕してないものありますが…

 

田澤投手は2020年3月にメジャーリーグのレッズ傘下マイナーから契約を解除になり自由契約なり、いったん日本に帰ってきています。

今は無所属ですが、再度メジャーリーグのマウンドに復帰することを目標に練習を続けています。

 

田澤投手は、2008年社会人No1投手としてドラフト1位で指名されるほど注目されている選手でしたが、日本球団を経験しないで、直接メジャーリーグに挑みました。

 

レッドソックスに契約してからは、なんと10年間もメジャーリーグで活躍しつづけた選手です。

2013年にはセットアッパーとしてワールドシリーズ制覇も経験しています。

(クローザーは上原浩治投手)

 

<関連記事>

上原浩治のメジャーでの成績と評価は?今季の活躍や引退について考えてみた!

 

 

しかしながら、2017年に肋軟骨の炎症で思うように結果が残せなくなってから、ここ数年は以前のような投球ができず、2019年シーズンは初めてメジャーでの登板がなく試練の日が続いています。

このような状態で再びメジャーリーグ復帰をめざし練習を重ねていますが、日本球界へ復帰するではと噂されています。

 

田澤純一の年俸推移(生涯年俸)や結婚は?

 

田澤純一投手の年俸これまでどれぐらいもらってるか気になりますよね!

年俸推移は以下の通りになります。

年度 年俸
2009年 134万ドル
2010年 133万ドル
2011年 133万ドル
2012年 92万ドル
2013年 81万5000ドル
2014年 127万5000ドル
2015年 225万ドル
2016年 337万5000ドル
2017年 500万ドル
2018年 700万ドル
2019年 80万ドル

 

現時点での通算年俸は、2543万5000ドルになります。

現在の為替(1ドル=109円)で日本円に計算すると約28億円です。

(1ドル=118円で計算すると約30億円になります)

すごい金額で、まさにアメリカンドリームですね!

 

これほどまでに活躍した選手を女性がほっとくわけがありません。

でも、TwitterなどのSNSやグーグルで検索しましたが、結婚している情報はまったくありませんでした。

数年前から調子を落としているのでメジャー復帰でそれどころじゃないかもしれませんね。

もしかして支えになる人がいてるかもしれませんが、今は野球に専念したいんだと思います。

 

田澤純一の日本球界復帰(NPB)は?

メジャーリーグのレッズ傘下マイナーから契約を解除された田澤純一投手!

今後、日本球界復帰はあるのでしょうか?

西武やヤクルトなど投手力が弱いチームがありますから、田澤投手を欲しがる球団はあると思いますね!

 

でも、「田澤ルール」という特殊なルールがものがあり、これが適用されている限り日本球界に復帰はできないと思われます。

 

田澤純一投手は日本球界入りしないで直接メジャーを選択したことから「田澤問題」として議論を巻き起こしました。

その為、すぐ日本球界に復帰できないようにペナルティーがつくられてしまいました。

 

「海外球団を退団した後、大卒・社会人出身選手は2年間、高卒選手は3年間、日本球団でプレーできない」これが「田澤ルール」です。

 

田澤投手が直接メジャー入ったことで物議を醸し出したかもしれませんが、これだけメジャーリーグで活躍した選手がいるというだけで財産であって他の選手にもたらす影響ってとても大きいと思います。

日本球団の発展を考えるなら「田澤ルール」というつまらないルールは今すぐ撤廃し、やっぱりもっと自由に行き来できるようにしてほしいですね!

 

田澤純一の引退の可能性は?

田澤投手のメジャー挑戦は終末期に差し掛かっています。

メジャーに昇格できなかったら、あと2~3年後(35歳ぐらいで)で引退すると予想しています。

 

でも「田澤ルール」が撤廃されれば日本球界でまだまだ活躍できると思います。

日本の野球ファンのなかにも田澤投手が日本球界に入り活躍する姿をみたい人もいてるはずです。

「田澤ルール」が撤廃されて日本球界入りを実現してほしいですね。

まとめ

田澤純一投手の現在や生涯年俸、日本球界復帰や引退の可能性についてまとめました。

最近は全盛期のような活躍が見られなくなり、メジャーリーグ挑戦もそろそろ終末期に差し掛かっています。

「田澤ルール」という特殊なルールにより日本球界に入ることは難しいと思われます。

もしこの「田澤ルール」が撤廃されればまだまだ日本球界でも活躍できる実力はあると思います。

日本プロ野球ファンの為にのこの「田澤ルール」を撤廃して日本球界に入団できるようにしてほしいものです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

んじゃまた!

スポンサーリンク

 

コメント