上原浩治のメジャーでの成績と評価は?今季の活躍や引退について考えてみた!

 

毎度!ライヒーです。

 

上原浩治投手昨年左肘のクリーニング手術から復帰し、オープン戦で登板しましたが2軍スタートなりました。

 

今季は結果でなければ引退の可能性がかなり高いと思われますが、上原投手は日本人で史上初となる日米通算100勝、100セーブ、100ホールドの記録(世界では2人目)を達成するなど数々の偉業成し遂げてきた投手ですが、実は学生時代は無名の選手でした。

 

上原投手について調べいるとのほんとに凄い投手だと改めて気づき、その凄さに焦点をあてていきたいと思います。

 

今回この記事では上原浩治投手について

 

・プロフィール
・巨人時代
・メジャーでの評価
・巨人復帰後これからは?
・引退の可能性は?

 

を簡単にまとめてきましたので良かったら参考にして下さい。

 

上原投手のプロフィールから見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

上原浩治のプロフィール

ポジション 投手
投打 右投右打
身長/体重 187cm/87kg
生年月日 1975年4月3日
経歴 東海大仰星高 – 大阪体育大

 

学生時代 反骨心「雑草魂」

 

上原投手は中学時代は陸上部、そして東海大仰星高では控え投手でほとんど登板機会がなく、甲子園の出場もない無名選手でした。

 

体育教師になりたいと思い大阪体育大学を受験するが失敗。

 

予備校と夜間は道路工事のアルバイトもこなし、1年間の浪人生活を送り大阪体育大に合格。

 

浪人時代、大学時代にノーラン・ライアン著の「ピッチャーズ・バイブル」を読んでトレーニングしていました!

 

 

 

そして、大学時代になって頭角を現し、メジャーからも注目される選手になっていきます。

 

エリート投手とは違い無名の選手から這い上がってきた、上原投手の反骨心である「雑草魂」はここから生まれたんです。

 

えこちゃん
えこちゃん

上原投手って学生時代はむちゃくちゃ苦労されたんですね。「雑草魂」ってそう言う意味があったなんてはじめて知りました!

巨人時代 

新人王&沢村賞 受賞

 

1年目で20勝4敗の好成績を残し、最多勝利、最優秀防御率、最多奪三振、最高勝率の投手主要4部門を制し、史上10人目、新人としては史上3人目の投手4冠を達成、沢村賞を受賞!

 

背番号 19について

 

上原投手は1999年に巨人に入団し、メジャーに挑戦してからも背番号「19」をつけ着け続けています。

それは、大学受験に失敗した後にアルバイトしながら苦しい浪人生活で過ごした「19歳」1年間を忘れないようにという意味が込められています!

 

 

スポンサーリンク

メジャーでの成績と評価

 

メジャーでの成績

2009年(34歳) 2勝 4敗   0S 防御率4.05 オリオールス
2010年(35歳) 1勝 2敗 13S 防御率2.86 オリオールス
2011年(36歳) 2勝 3敗   0S 防御率2.35 オリ/レンジャーズ
2012年(37歳) 0勝 0敗   1S 防御率1.75 レンジャーズ
2013年(38歳) 4勝 1敗 21S 防御率1.09 レッドソックス
2014年(39歳) 6勝 5敗 26S 防御率2.52 レッドソックス
2015年(40歳) 2勝 4敗 25S 防御率2.23 レッドソックス
2016年(41歳) 2勝 3敗   7S 防御率3.45 レッドソックス
2017年(42歳) 3勝 4敗   2S 防御率3.98 カブス

 

上原投手がメジャーに移籍してから主にクローザー、セットアッパーで活躍しました。

 

特に30代後半になってから成績がむちゃくちゃ凄い!

 

2013年ではワールドシリーズでクローザーとして登板し日本人初の胴上げ投手になっているんですね!

 

でもクローザー、セットアッパーはすごい剛速球を武器にしている投手が多いなか、上原投手はストレートは平均140㎞前半でかなり遅い方でした。

 

球種について

スプリット・フィンガー・ファストボール(SFF)

 

上原投手のなげる球種で得意にしているのがスプリット・フィンガー・ファストボール(SFF)です。

 

分かりやすく言えば高速フォークボールです。

 

スプリットを上原投手は自在にコントロールできます。

 

メジャーではスプリットを投げると怪我のリスクがあり、この球種を投げる投手が少ないもあり大きな武器になっています。

 

だから打者にとってはこの球種が非常にやっかいで、低めコントロールされるスプリットを意識させることができるんです。

 

スプリットを意識させる事におって上原投手のストレートもいきてくるんですね!

 

ライヒー
ライヒー

これは魔球ですね!!

 

 

ストレート

 

ではスプリットが打てないならストレートに山をしぼってそれを狙えば簡単にとらえられるのではと思いませんか?

 

実は上原投手のストレートは「回転数」が多く、伸びのあるストレートで切れのあるボールなの非常に打ちにくい球種なんですよ!

 

一般的の平均回転数は2200rmp(2200回/分)ですが,上原選手は2400rmpあり、一般的にrpmが大きいほどボールに伸びがあり、大きくホップしてくるように見えるので、三振やフライアウトで打ち取れる確率が高くなります。

 

上原選手はこの大きな回転数で切れのあるストレートを投げ,実際の球速よりも速く感じさせることができるんです!

 

メジャーでの評価

 

メジャーで活躍した上原浩治選手について興味深い動画がみつけたのでご紹介します。

 

 

ESPNの1900年からの統計によると、この年のK/BB(奪三振 と与四球の比率を表し、投手の制球力を示す指標の1つ。メジャーではよく用いられる。)は14.33を記録し、年間35イニング以上を投げた投手ではエカーズリーが1989年と1990年に記録した数値に次ぐメジャー歴代3位の記録。

 

K/BBは、3.5を超えると優秀とされる中で、14.33は驚異的な数字を残しているんですね。

 

非常にセットアッパーとして優秀な成績を残して、メジャーで非常に高い評価をうけているんですね。

 

ストレートとSFFのコンビネーションでメジャーでは速くないストレートでも三振の山を積み上げていったんですね!

 

 

ライヒー
ライヒー

低めのフォークボールを意識していたら、高めにきたストレートに対応するのが難しいんだよ!

 

 

なんでそんなに活躍できなたのか?

 

まず、フォームがフォークでもストレートでも腕の振りが同じで、ボールの出ところがみにくいのがあげられるだろう!

 

そして制球力の良さ!

 

インタビューでフォアボールを出さない理由に「バッターとの対戦を楽しみたい」、「二度と対戦することのないバッターかもしれないからファーボール出すぐらいだったらヒットを打たれた方がいい」と答えています。

 

常にバッターとの向き合い、その対戦を楽しんでいて、失敗をおそれない気持ちがあったんですね!

 

上原投手はメジャーでほんとに野球を楽しんでいたんですね!

 

 

これは仕事をするうえでもこういう気持ちの持ち方って大事で上原選手に学ぶところがいっぱいあります。

 

失敗が怖くて行動できなかったりすることありますが、逆にそういう時こそ勇気を出して前に進んでいくことが大事なんだって改めて思いました。

 

そういう状況を楽しめるようになれば一番いいですね!

 

巨人復帰後これからは?引退の可能性は?

 

日本球界復帰後日米通算「100勝、100セーブ、100ホールド」の金字塔を打ちたて、巨人最年長登板の記録も更新しています。

 

今年の44歳になる上原投手は今季は2軍スタートですが、これまでの豊富な経験が必ず必要となる時がくると信じています。

 

一軍で活躍する可能性はまだ大いにあり、まだまだファンを喜ばせてくれるはずです。

 

 

ですが、上原投手は年齢的なことを考えると、今季で現役を引退する可能性がかなり高いではないでしょうか?

 

なぜなら、これから巨人は中継ぎ、抑えを新しい若い選手で確立していかなければこれからの長いペナントレースで優勝争うをするチームにはなれないと思います。

 

いつかはベテランから若手にシフトチェンジしていかなければいけません。

 

今季、上原選手が活躍する可能性はありますが、バリバリ活躍できると言えばNoです。

 

そう考えるとやっぱり今季で引退かなぁと考えるのが妥当です!

 

引退後はこれまでの豊富な実績と経験をもとに、コーチとして巨人の若手育成に転身すれば素晴らしい指導者にきっとなれるはずです。

 

まとめ

 

雑草魂の精神で日本球界、メジャーリーグと活躍してきた上原浩治投手について簡単にまとめました。

 

学生時代は無名の選手で浪人時代に苦労した「19歳」を忘れないようにつけている背番号「19」。

 

根底にあるのは雑草魂ですね!

 

フォアボールを出すぐらいならヒットを打たれた方が良いと思えるメンタルの強さが好成績にもつながっているんですね。

 

今季で引退の可能性もありますが、メンタルの強さは学びところが多く、これからも上原投手を応援していきたいと思います。

 

んじゃまた!

スポンサーリンク

 

 

コメント