若林晃弘の成績や守備やポジションは?出身高校や大学などのプロフィールのまとめ

 

毎度!ライヒーです。

 

今回はヤングジャイアンツの中でもここ数試合大活躍している、若林晃弘選手についてスポットを当てていきたいと思います。

 

若林晃弘選手は、スイッチヒッターで内外野を守れる器用な選手で、パワーもあり覚醒すればジャイアンツいないタイプ選手なので、非常に面白い存在になりそうです。

 

また精悍な顔でイケメン選手として人気が出てくるんじゃないでしょうか!

 

 

と言うことで、今回この記事では若林晃弘選手の

 

  • 出身高校や大学などのプロフィールや経歴
  • 守備のポジション
  • 成績

 

を調べてきましたのでよかったら参考にして下さい。

 

 

では、最初に若林晃弘選手のプロフィールから見ていきましょう!

 

 

<関連記事>

2019年読売ジャイアンツのイケメン選手ランキングトップ10!かっこいい写真付で紹介!

 

スポンサーリンク

出身高校や大学などのプロフィールや経歴

名前:若林晃弘(わかばやし あきひろ)
出身地:東京都
生年月日:1993年8月26日(25歳)
身長:180cm
体重:77kg
投球・打席:右投両打
経歴:桐蔭学園高等学校→法政大学→JX-ENEOS

ポジション:内野手
投打:右投げ両打
ドラフト:ドラフト6位
年俸:880万円

 

若林晃弘選手のプロフィールを紹介していきたいと思います。

幼少期から野球に触れ、高校は野球で有名な桐蔭学園に進学しました。

桐蔭学園と言えばジャイアンツの前監督の高橋由伸さんも桐蔭学園を卒業されています。

卒業後は法政大学に進学し3年生の時にセカンドのレギュラーに定着しました。

 

若林晃弘選手のお父さんも元プロ野球選手で元横浜大洋ホエールズで活躍された「若林憲一」さんです。

お父さんも内外野守れるユーティリティープレーヤーだったみたいですね。

 

大学4年生のドラフト時には、お父さんに「プロ入りは無理だ」と言われたそうです。

 

大学卒業後はJX-ENEOSに入社し、1年目からレギュラーとして活躍、社会人野球日本代表にも選出

ですが、父である憲一さんに「ドラフトは無理だ」と言われ社会人野球の道に進みます。

 

2017年のドラフト会議でジャイアンツにドラフト6位で指名され入団。

2018年プロ初出場も親子揃って8回からセンターの守備固めとしての出場を果たしました。

 

若林晃弘の守備のポジションは

若林晃弘選手は一言で言うならユーティリティープレーヤーです。

試合に出場する為に複数のポジションを守ることができます。

一軍の試合ではセカンド・ショート・外野を守った経験があります。

二軍ではサードも守っていました。

学生時代はファーストも守った経験があるので、キャッチャー以外の全てのポジションを守った経験があります。

 

今シーズンの初めの数試合は守備固めや代走での出場からスタートしました。

守備力もどのポジションでも無難にこなしユーティリティープレーヤーとして存在感を発揮しています。

 

身体能力が高く強肩で、チーム事情によっては外野コンバートでも即対応できる選手。

チームに取ってユーティリティープレーヤーが1人居たら色んな采配が出来るのでチームにとって貴重な戦力です。

スーパーサブとして活躍するなら、阪神タイガーズ時代の大和選手ような存在になるかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

若林晃弘の成績は?

それでは先ずは若林晃弘選手の成績を紹介していきたいと思います。

一軍・二軍の成績を合わせて紹介します。

「2018年」

<一軍>

試合 打率 安打 本塁打 打点 盗塁
17 .056 1 0 0 0

 

<二軍>

試合 打率 安打 本塁打 打点 盗塁
67 .303 71 7 36 7

 

二軍の成績ももうすこし詳しくみていくと打席数284 打率.303 本塁打7本 打点数36 盗塁数7 出塁率.390 OPS.852です。

打率3割をキープし、試合数67ながら本塁打7を放っておりパンチ力も持ち合わせているのがわかる。

出塁率も高く選球眼もよいのであろう。

スイッチヒッターで50m5.8秒俊足でもあり、繋ぐことができるジャイアンツあまりいないタイプの選手。

 

「2019年」(2019年6月9日までの成績)

<一軍>

試合 打率 安打 本塁打 打点 盗塁
8 .462 6 2 5 3

 

<二軍>

試合 打率 安打 本塁打 打点 盗塁
41 .298 36 3 16 6

 

まだまだ一軍での試合数は8試合と多くはありません。

今年レギュラーとして期待されていた吉川尚輝選手も現在は怪我をしてしまい二軍です。

 

<関連記事>

【巨人】吉川尚輝の怪我の状態や復帰はいつになる?

吉川尚輝のドラフトの評価や成績は?出身高校や大学など経歴のまとめ!

 

 

その後は増田大輝選手や山本泰寛選手などの若手選手を起用していますが、中々定着するまでにはいってません。

 

若林晃弘選手はここ3試合はセカンドとしてスタメン出場していますが、吉川尚輝選手がいない間にセカンドのポジションを無難にこなしています。

 

そんな中今シーズン初スタメンの試合でプロ初打点を記録し、プロ初ホームランも達成しました。

 

 

守備の評価は高いのでバッティングの調子でいけばレギュラー、またはスーパーサブとして貴重な戦力になること間違いありません。

 

若林晃弘選手はスイッチヒッターですね。

スイッチヒッターは器用ですが、どうもパワーなく小粒なイメージしか湧きません。

 

大物のスイッチヒッターといえば松井稼頭央選手。

若林晃弘選手がパワーを身に着け、バッティング技術を磨けば松井稼頭央のような選手になる予感がします。

もともとパンチ力のある選手なので、こかれからの彼の成長に期待したいと思います!

まとめ

ここ数試合大活躍の若林晃弘選手。

明日からの試合も注目して見ていきたいと思います。

このままずっと好調をキープするのは厳しいとは思いますが、首脳陣にアピールを続けて一軍に定着出来るように頑張って貰いたいですね。

そしてゆくゆくはレギュラーとして活躍してもらいたいですね。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

んじゃまた!

スポンサーリンク

 

 

コメント