仙台育英・吉居大和の出身中学や進路はどこ?父親・兄弟や成績など調査

 

毎度!ライヒーです。

 

吉居大和選手は、先日開催された東北地区高校駅伝で1区を走り区間賞を獲得し仙台育英学園の優勝に貢献し話題になっていますよね。

 

また弟の吉居駿恭さんもすごい選手で兄弟揃って注目されていますよね。

 

 

そこで今回この記事では、吉居大和選手の出身中学、父親や兄弟、成績や進路について調査していたので良かったら参考にして下さいね。

 

ではさっそく、吉居大和選手の出身中学から確認していきましょう!

 

 

スポンサーリンク

吉居大和の出身中学は?

吉居大和選手が在学している高校は仙台育成学園で現在高校3年生です。

 

そして、中学校は愛知県にある「田原市立東部中学校」の出身!

 

大和選手の出身は載っていませんでしたが、弟さんの駿恭さんの出身が愛知県田原市なのでたぶん同じでしょう!

 

吉居大和選手のご両親がどちらとも陸上経験者なのできっと小学生のころに陸上をはじめたんではないでしょうか?

 

スポーツ報知掲載されていた情報には、弟さんは大草小の時に田原市陸上クラブで陸上をはじめたと書いてましたのでおそらく吉居大和選手も小学校の時に陸上をはじめたんだと思いますよ!

 

吉居大和の父親や兄弟は?

吉居大和選手のお父さんの吉居誠さん」は、トヨタ自動車陸上長距離部の実業団の陸上選手」でした。

 

吉居大和選手には「双子」のご兄弟と2歳下の弟さんがいらっしゃいます。

 

双子のご兄弟の情報がなかったので、陸上はされていないんじゃないでしょうか?

 

弟さんの吉居駿恭さんはお兄さんと同じ仙台育英学園の陸上選手です。

 

お母さんも全国高校総体に出場するほどの陸上選手だったようでまさに陸上一家!

 

高校1年生の吉居駿恭さんは、中学時代に全国中学選手権1500m優勝、そして、ジュニアオリンピック陸上競技大会3000mでも優勝するほどのすごい選手です。

 

高校でもチャレンジミートゥinくまがやに出場し、3000m8分18秒87という高校1年歴代6位の記録で5位入賞しています。

 

 

仙台育英学園の陸上部、真名子圭監督にも「体の使い方がしなやかででここ一番の大事ば場面で仕掛けられる。ずば抜けたエースに育ってほしい」と言われるぐらい、かなり期待されている選手です。

 

 

吉居大和の成績や進路は?

成績

吉居大和選手は中学3年生の時に、ジュニアオリンピック3000mで決勝まで勝ち上がっています。

 

そして、高校1年の時には全国駅伝で2区に起用され区間2位という好成績で、仙台育英学園の3位入賞に貢献しました。

 

高校2年では高校伊那駅伝では4区で区間賞を獲得!

 

 

6回目の仙台育英学園の出場で、過去最高の2位になりました。

 

 

高校3年では、陸上宮城県選手権5000mで今シーズンの日本人高校最高記録である13分55秒10というタイムで優勝しています。

 

 

インターハイ5000mでは日本人トップとなる3位に入賞。

 

吉居大和選手以外、上位5位までが全員留学生と厳しいレースでしたがそれでも3位に入る実力をみせてくれました!

 

 

先日11月に開催された東北地区高校駅伝で1区を走り区間賞を獲得し、仙台育英学園の優勝に貢献しています。

 

弟の吉居駿恭さんや、最大のライバルである喜早駿介さんと競い合いながら、これからも成長していきそうですね。

 

進路

吉居大和選手はスポーツ推薦で「中央大学」に進学することが決まっています。

 

大学に入学すれば「東豊田寮」で生活することになり、そこにはトレーニングルームがあって学内の選手で競い合える環境がありますので、今後の吉居大和選手に期待しています。

 

 

中央大学は絶対的なエースが不在で吉居大和選手が加入することで大きくレベルアップすること間違いなしですね!

 

まとめ

吉居大和選手についてご紹介させていただきました。

出身中学は「田原市立東部中学校」で、ご両親とも陸上経験者で双子のご兄弟と弟さんの吉居駿がいらっしゃいます。

吉居大和選手はこれまでさまざまな大会で活躍し注目の選手で、大学は「中央大学」に進学し、さまざまな大会でトップランナーとして活躍されることを期待しています。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

んじゃまた!

スポンサーリンク

 

コメント