ユースビオって何の会社?樋山ユースポットとの関係や代表取締役社長は誰で名前も調査

 

これまで非公表だったアベノマスクの最後の4社目の製造会社が明らかになりました。

 

「株式会社ユースビオ」という会社ですが、これがSNS上でダミー用のペーパー会社ではないかという噂が広がっています。

 

GoogleMapで確認しましたが、いったい何の会社なのか疑問を持ちました。

 

 

そこで今回この記事では、「ユースビオって何の会社?樋山ユースポットとの関係や代表取締役社長は誰で名前も調査」と題してまとめていきます。

 

 

ではさっそく、「株式会社ユースビオ」って何の会社なのかを確認していきましょう!

 

 

スポンサーリンク

ユースピオって何の会社?樋山ユースポットとの関係や代表取締役社長は誰で名前も調査

ユースビオって何の会社?

アベノマスクの最後の4社目「株式会社ユースピオ」はこれまでマスクを発注した3社とは明らかに違います。

 

株式会社ユースビオは、BuzzFeed JAPANでは「ベトナムからバイオマス発電用の木質ペレットを輸入する事業を展開している会社」と報道されていましたが、まず「株式会社ユースピオ」の会社概要を確認したほうがいいですね。

 

  • 商号 / 名称:株式会社ユースビオ

  • 法人番号:2380001028430

  • 郵便番号:〒9608074

  • 所在地:福島県福島市西中央5丁目54番6号

  • 最終変更日:2017-08-30

  • 法人番号指定日:2017-08-30

 

 

「株式会社ユースピオ」の所在地である「福島県福島市西中央5丁目54番6号」をGoogleMapでみると、平長屋の建物に公明党のポスターが貼ってある事務所がでてきました。

 

 

他の3社と比較して規模があまりにも小さい…このオフィスから海外発注したのでしょうか?

 

 

ここでマスクを製造することはまずないでしょうから、実際はオフィスとして登記されたようですね。

 

 

でも、所在地であるはずのこの平長屋に「株式会社ユースビオ」という会社がない… なぜ?

 

 

 

  • 「ユースビオ」の所在地に会社名が複数ある。
  • 設立が2017年だがマスクの実績がない。
  • 会社のホームページもない。
  • 会社の事業内容、代表取締役が不明です。

 

この「ユースビオ」って会社はなんだ!やっぱりダミー用のペーパー会社か?

 

 

※4月28日追記 

 

「株式会社ユースビオ」は、福島県の「復興産業集積区域」にあり、そのエリア内の新設企業は5年間法人税無課税の「タックスヘイブン」であることがわかりました。

 

日本にも「タックスヘイブン」があるなんて知りませんでした。 だからこの平長屋に実態のない会社があるんですね。

 

 

この平長屋の住所である「福島県福島市西中央5丁目54番6号」には、なんと11社の会社が登録されていました。

  • 株式会社アスティア
  • 株式会社あづま荒川エコファーム
  • 株式会社アンカーテレコム
  • 有限会社環境企画設計
  • 技研通信工業株式会社
  • クリーン・テクト株式会社
  • 有限会社クリエイティブ・ポイント
  • 株式会社西部企画
  • 株式会社東北インテック
  • 株式会社樋山ユースポット
  • 株式会社ユースビオ

 

 

 

合法に法人税が免除されているのだから、この住所に会社を設立しても違法ではない。

 

でも、政府関係者と繋がっていてマスクを受注したのなら「株式会社ユースビオ」はボロ儲けだな~

 

 

樋山ユースポットとの関係や代表取締役社長は誰で名前は?

 

株式会社ユースビオの登記住所に「樋山ユースポット」「沖サポート&サービス」「ユースビオ」の3社が登録されていて、樋山茂代表のペーパーカンバニーということがわかりました。

 

 

 

 

2018年の毎日新聞によると、樋山茂代表は2017年12月に脱税(消費税法違反)で摘発されていますね。

 

 

 

もしかして、樋山茂代表やユースビオの事を詳しく調べないで発注したとか…

 

 

マスクの発注先「株式会社ユースピオ」を公表できなかった理由はたぶん下記の通りだと思います。

 

樋山茂代表が政府関係者と深い繋がりがあり「株式会社ユースビオ」にマスクを発注したが、その後、過去に脱税で摘発されたのがわかってこれまで公表することを拒み続けたんだと、私は考えています。

 

そして「タックスヘイブン」これは闇が深そうです。

 

 

利権や癒着の疑念の声も

NHKのニュース速報では「株式会社ユースビオのアベノマスクはベトナムから1枚135円で納入されて、それが適正価格だと考えていて、国には社名を公表してもよいと伝えていたが、なぜここまで遅くなったのか分からない。品質には問題ない」「うちは他社より安くて、国との癒着は全くない」と報道されていました。

 

 

株式会社ユースビオは、BuzzFeed JAPANでは「ベトナムからバイオマス発電用の木質ペレットを輸入する事業を展開している会社」と報道されていました。

 

 

ユースビオのマスクからは、今のところ不良品が見つかっていなく良品ならもっと早く公表されていてもよかったはずです。

 

 

 

やっぱりここまで公表できなかった理由あり、やはり利権や癒着があるのでと憶測が飛び交っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

「株式会社ユースビオ」は、「樋山ユースポット」の代表取締役社長である樋山茂代表のペーパーカンバニーということがわかりました。

 

実態の会社にアベノマスクが発注されたのか疑惑が残ります。

 

癒着や利権が絡んでいないと言っていますが、樋山茂代表と政治家が繋がっていたようにしか思えず、むちゃくちゃ怪しすぎます。

 

新型コロナウイルスの影響で日本国民が大変になっているのにほんとにしっかりしてほしいですね。

 

<関連記事>

シマトレーディングって何の会社?ユースビオの関係や代表取締役社長は誰で名前も調査

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

んじゃまた!

スポンサーリンク

 

コメント