松本圭佑wikiプロフィール!成績(戦績)や中学高校などの経歴のまとめ

 

 

4月5日(日)のミライ☆モンスターでプロボクサーの松本圭佑選手が特集されます。

 

 

なんと番組最多10回目の登場!

 

 

U-15時代からスーパーキッズとして活躍されていて、2020年3月にプロテストに合格しプロボクサーになった話題の選手です。

 

 

 

そこで今回この記事では、プロボクサーの松本圭佑選手の

 

  • wikiプロフィール
  • 中学高校などの経歴
  • 成績(戦績)

 

についてまとめていきます。

 

 

ではさっそく、松本圭佑選手のwikiプロフィールを確認していきましょう♪

 

 

 

スポンサーリンク

 

松本圭佑wikiプロフィール!成績(戦績)や中学高校などの経歴のまとめ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@k_s_kma2box フジテレビ4月5日11:15〜 未来へ羽ばたけミライ☆モンスター👾 次回で10回目となる最多出演の、 Mr.ミラモンこと松本圭佑選手🦖 ずっと観てたのでなんか感慨深いものがあります。来週楽しみ。 ・ ・ #ミライモンスター#プロボクサー#大橋ジム#松本圭佑 #げんき堂整骨院#東神奈川 #ボクシング#格闘技#スポーツ選手#総合格闘技#キックボクシング#アスリート#アスリートケア#サポート#三郷#船橋#川口前川#錦糸町#南浦和#秋葉原#海老名#相模大野ステーションスクエア#ラクシア

personal supporter/首都圏統括マネージャー(@genkidosupport)がシェアした投稿 –

松本圭佑のwikiプロフィールは?

名前:松本 圭佑(まつもと けいすけ)
出身:神奈川県
生年月日:1999年7月17日
年齢:20歳(2020年4月時点)
身長:175cm
体重:53.52~55.34kg
高校:横浜市立みなと総合高校
大学:東京農業大学
階級:スーパーバンダム級
所属:大橋ボクシングジム

 

 

松本圭佑と検索すると事故とでてくるのですが、2018年に広島県尾道市でタクシー事故でお亡くなりになった一般男性がいてます。

 

 

その肩「松本 圭祐」さんで偶然にも読み方が一緒で名前の「祐」と「祐」の一字違いで全くの別人でした。

 

 

 

松本圭佑選手は小・中学校の時から活躍していてバンダナがトレードマークでした。

 

 

 

ファッションかと思いましたが、小学校の頃から髪の毛が抜け落ちてしまう病気になってしまいそれを隠すためにバンダナを着けていました。

 

 

病名は「病的脱毛症」

 

 

特効薬はないのですが、数ヶ月程度で自然になおり、元通りになっていく病気です。

 

 

松本圭佑選手は、中学生に入ってから治っていたのですが、高校に入るまでバンダナを取るタイミングを逃してしまったみたいですね。

 

 

松本圭佑の中学・高校などの経歴は?

松本圭佑選手がボクシングを開始したのは、小学校3年生の時でぽっちゃりしてた体をスリムにする為のダイエット目的でした。

 

 

やっていくにつれて、それが面白くなりボクシングにのめり込んでいったようですね。

 

 

夏休み後も継続してやっていくことになります。

 

 

 

実は、父親の「松本弘司」さんは世界挑戦経験があり、そして、祖父の「松本弘」さんも東日本ウエルター級新人王を獲得しているボクシングの選手!

 

 

環境的に、ボクシングを始めた継続できた要因でもあり、楽しくやっていけたのかなって思います。

 

 

ボクサーとしての血を受け継ぎ、名門「大橋ジム」でのトレーニングで着実に実力をつけていきました。

 

 

 

月~土曜日までの練習スケジュールは崩さずに、試合の勝ち負け関係なしに練習は続けていく。

 

 

 

そうすることで、メンタルが落ちている時でも強い気持ちで戦えるそうです。

 

 

 

やっぱりメンタルが落ちるとすぐにスケジュールを崩してやめていったりすることが多くですが、強くなる選手は常に練習に取り組んでいることが分かりますね。

 

 

 

その結果、ジュニアボクシング大会で5連覇を果たすなど、圧巻の成績でした。

 

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#松本圭佑#ボクシング#ミライモンスター#高校生#アマチュア

Satoru Koumoto(@karaoke0527)がシェアした投稿 –

 

 

 

 

横浜市立みなと総合高校の出身で、ボクシングのインターハイのたくさん出場している強豪校ですね。

 

 

大学の練習に週末に参加して一緒にトレーニングすることもあるようです。

 

 

松本圭佑選手は、インターハイは3年連続 準優勝の成績を残しています。

 

 

いずれもライバルの堤駿斗選手に決勝で敗れていますが、ライバルであり仲間だと お互い認め合う仲だそうですよ!

 

 

競い合うライバルがいるからこそ、ここまで成長することができたんだと思います。

 

 

松本圭佑の大学などの経歴は?

 

大学はボクシングが強い東京農業大学に進学!

 

 

高校時代の成績が認められてスポーツ推薦で入学しています。

 

 

 

東京オリンピックを目指していましたが、全日本戦選手権の予選で負けてしまった為、オリンピック出場は叶いませんでした。

 

 

 

東京農業大学は中退をし、2020年3月4日のプロテストにみごと合格し、現在はプロボクサーして歩みだしました。

 

 

大学を中退するのは相当な決心が必要だったはずですよ~

 

 

同じジムの先輩である井上尚弥選手の「プロへ行くなら早いほうがいい」とアドバイスがあり、ボクサーとしてやっていくことを決意したそうですよ!

 

 

プロデビュー戦は5月28日に予定されていてどんな試合をみせてくれるのでしょうか?非常に楽しみですね。

 

 

ライバルの堤駿斗選手も応援に行くと行っているので、こういう仲間の存在も励みになるはずです。

 

 

 

松本圭佑の成績(戦績)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

本日改めてプロ転向の記者会見でした。 小さい頃からお世話になり、偉大な先輩方がいる大橋ジムから正式にデビューします。父親が果たせなかった世界チャンピオンを目指して頑張ります。 アマの時はなかなかパッとする成績が残せなかったにも関わらずここまで注目して頂けること、そして変わらず応援サポートして頂いた方々にも心から感謝してます。 以前より何倍も強くなった姿をお見せして、プロで通用するかどうか証明したいと思うので是非会場の方へお越し下さい。 5月28日木 後楽園ホールの予定です。今後とも応援の方宜しくお願いします! #ボクシング #大橋ジム #プロデビュー #松本圭佑

松本圭佑 Keisuke Matsumoto(@k_s_kma2box)がシェアした投稿 –

 

松本圭佑の成績(戦績)の以下の通りです。

 

  • 2011年(小学校5年):全国 U-15ジュニアボクシング大会 優勝
  • 2012年(小学校6年):全国 U-15ジュニアボクシング大会 優勝
  • 2013年(中学生1年):全国 U-15ジュニアボクシング大会 優勝
  • 2014年(中学生2年):全国 U-15ジュニアボクシング大会 優勝
  • 2015年(中学生3年):全国 U-15ジュニアボクシング大会 優勝
  • 2016年(高校1年生):
    全国高校選抜 優勝
    全国高等学校総合体育大会ボクシング競技大会 2位
    国民体育大会 2位

  • 2017年(高校2年生):
    全国高校選抜:優勝
    全国高等学校総合体育大会ボクシング競技大会 2位

  • 2018年(高校3年生):
    全国高等学校総合体育大会ボクシング競技大会 2位

 

小中学校は全国 U-15で5連覇を達成し、まさに敵なしでした。

 

高校時代はライバルの堤駿斗選手に立ちふさがれ、インターハイは準優勝になってしまいます。

 

しかし、2人の実力は拮抗いているとも言われ、これからもいいライバルとしてお互い切磋琢磨して成長していったほしいですね。

 

 

<関連記事>

堤駿斗wiki的プロフィールや身長は?戦績・強さ・階級やライバルについても

 

まとめ

松本圭佑選手のプロフィールや学生時代の経歴や成績などご紹介させていただきました。

 

今年5月にプロデビュー戦が控えています。

 

学生時代のから活躍されていた選手だけあって、非常に関心度の高い試合になりそうですね。

 

これからの活躍を注目してみていきたいと思います。

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

んじゃまた!

スポンサーリンク

 

 

コメント