淀川花火大会2024の開催日程や時間は?混雑状況や穴場スポットについても | トレンド インフォ
PR

淀川花火大会2024の開催日程や時間は?混雑状況や穴場スポットについても

その他、気になること
記事内に広告が含まれています。

 

毎年多くの人々が集まり、大阪の夏の風物詩となっている淀川花火大会。2024年も見逃せないイベントがやってきます。しかし、楽しみたい反面、混雑や場所取りの悩みもありますよね。この記事では、淀川花火大会2024の開催日程から混雑回避のための穴場スポットまで、詳しくご紹介します。初めて参加する方も、何度も訪れている方も、このガイドを参考に、最高の花火大会体験をしてください。

 

淀川花火大会2024の日程と基本情報

開催日程

淀川花火大会は、毎年8月の第一土曜日に開催される大阪を代表する夏のイベントです。2024年の開催日程は以下の通りです。

  • 開催日程:2024年8月3日(土)
  • 開催時間:19:30〜20:30(予定)
  • 開催場所:淀川河川敷(新北島・西中島地区)

淀川花火大会は、淀川の河川敷で行われ、約2万発の花火が打ち上げられます。さまざまな種類の花火が夜空を彩り、その美しさに多くの観客が感動します。また、大会当日は様々な屋台が並び、お祭りの雰囲気を楽しむことができます。

アクセス方法

電車

  • 阪急電鉄:十三駅から徒歩約15分
  • JR:大阪駅から徒歩約30分
  • 地下鉄御堂筋線:梅田駅から徒歩約30分

: 会場周辺には駐車場がほとんどないため、公共交通機関の利用をおすすめします。どうしても車を利用する場合は、周辺のコインパーキングを事前に確認しておくとよいでしょう。

注意点

  • 天候による中止:雨天決行ですが、荒天の場合は中止となることがあります。公式サイトで最新情報を確認してください。
  • 持ち物:暑さ対策として、帽子や飲み物、虫よけスプレーを持参すると快適に過ごせます。また、シートや折りたたみ椅子も持参すると便利です。

淀川花火大会の見どころと楽しみ方

淀川花火大会は、その規模と美しさから多くの観客を魅了しています。2024年もさまざまな見どころが予定されています。

淀川花火大会の見どころ

見どころ1:多彩な花火プログラム

淀川花火大会の魅力は、何と言ってもその多彩な花火プログラムです。最新の花火技術を駆使した色とりどりの花火が夜空を彩り、観客を圧倒します。特に、音楽に合わせて打ち上げられるシンクロ花火は、視覚と聴覚の両方で楽しめる特別な演出です。

見どころ2:特大スターマイン

花火大会のクライマックスを飾る特大スターマインは、観客全員が息をのむほどの美しさです。連続して打ち上げられる花火が、夜空に大輪の花を次々と咲かせます。この迫力は、現地でしか体験できない感動をもたらします。

見どころ3:ユニークな花火デザイン

毎年、淀川花火大会ではユニークなデザインの花火が打ち上げられます。例えば、キャラクター花火やハート型の花火など、さまざまな形状の花火が観客を楽しませます。2024年もどのような花火が登場するか、期待が高まります。

楽しみ方

ベストポジションを確保する

人気の高いイベントのため、良い観覧場所を確保することが重要です。早めに現地に到着し、シートを広げて場所取りをしましょう。特に、打ち上げ場所に近いエリアは迫力満点の花火を楽しむことができます。

屋台巡り

花火大会の楽しみの一つが屋台巡りです。会場周辺には多くの屋台が立ち並び、たこ焼きや焼きそば、かき氷などの定番グルメが楽しめます。花火を待つ間に、屋台でおいしい食べ物を堪能するのもおすすめです。

写真撮影を楽しむ

花火の美しさを写真に収めたい方は、カメラを持参すると良いでしょう。三脚を使用すると、ぶれずにきれいな写真が撮影できます。また、スマートフォンでも夜景モードを活用すれば、手軽に素敵な花火写真が撮れます。

混雑を避けるための穴場スポット紹介

淀川花火大会を快適に楽しむためには、混雑を避けることが重要です。ここでは、比較的混雑が少ない穴場スポットをいくつか紹介します。

1. 新北島地区の河川敷

新北島地区の河川敷は、比較的空いていることが多い場所です。打ち上げ会場から少し離れていますが、遮るものが少ないため花火をしっかり楽しむことができます。また、広々としたスペースがあるため、家族連れやグループでの観覧にも適しています。

2. 西中島南方公園

西中島南方公園は、打ち上げ会場から少し離れた場所にありますが、花火を十分に楽しめるスポットです。公園内は比較的広く、早めに到着すれば良い観覧場所を確保することができます。また、最寄り駅からのアクセスも良いため、行き帰りも便利です。

3. 十三大橋の上

十三大橋は、花火大会の会場からほど近く、花火がよく見える場所です。橋の上は観覧スポットとして人気がありますが、比較的混雑が少ない時間に到着すれば、良い場所を確保できる可能性があります。ただし、橋の上は風が強いことがあるため、羽織るものを持参することをおすすめします。

4. 天満橋周辺

天満橋周辺は、花火大会の打ち上げ会場から少し離れていますが、広々としたスペースで花火を楽しむことができます。川沿いの遊歩道や公園は、混雑を避けながら花火を見るのに適したスポットです。少し距離があるため、花火の全景を楽しむことができるのも魅力です。

5. 淀川右岸

淀川右岸は、打ち上げ会場の対岸に位置し、比較的空いていることが多いエリアです。河川敷に広がるスペースは、混雑を避けながらも花火を楽しむことができます。現地での場所取りが難しい場合、右岸に移動してみると良いでしょう。

●穴場スポットでの注意点

  • 早めの到着:穴場スポットでも早めに到着して場所を確保することが重要です。
  • 持ち物の準備:シートや折りたたみ椅子、飲み物などを持参すると、快適に過ごせます。
  • 周囲への配慮:混雑が少ない場所でも、周囲の観覧者に配慮してマナーを守りましょう。

 

花火大会であると便利なグッズ5選

冷却チップ内蔵首掛けファン

暑い夏の花火大会で役立つのが「冷却チップ内蔵首掛けファン」です。内部に冷却チップを搭載し、体感温度を最大で-15℃に下げることができます。羽根なし設計で最大12時間連続稼働するこのファンの詳細は、下記リンクで確認できます。

 

モバイルバッテリー

花火大会のような長時間の屋外イベントでは、モバイルバッテリーを忘れずに持って行きましょう。夜空に咲く花火をスマホで撮影していると、気づかぬうちに充電がなくなることがよくあります。大勢の人が集まる花火大会では、スマホは家族や友人と連絡を取るために重要です。万が一に備えて、モバイルバッテリーを持参するのが賢明です。詳しい情報は下記リンクをご覧ください。

 

携帯蚊よけカラビナ

超音波で蚊を寄せ付けない作りになっている「携帯蚊よけカラビナ」は、花火大会ではおすすめですよ。虫刺されから守ってくれるこのグッズは、火や煙が出ず、カラビナタイプなので手軽にバッグなどに装着できます。防除用医薬部外品に認定されているKINCHO×braaa canoxの詳細は下記リンクで確認できます。

 

ハンカチやフェイスタオル

汗を拭いたり手を洗った後に使えるハンカチフェイスタオルは非常に便利です。早めに会場に着いた場合、日差しを避けるためにタオルを頭から肩にかけて使うと日焼け防止になります。また、座る場所が硬くて腰が痛くなる場合にも、敷物として役立ちます。フェイスタオルは使い勝手が良いので、一人一枚用意しておくと良いでしょう。詳しくは下記リンクをご覧ください。

 

肩掛け小銭入れ

最後におすすめするのは、混雑した中でも安心な「肩掛け小銭入れ」です。花火大会の人混みで財布を無くしてしまうと楽しみが台無しになりますが、ミニバッグとセットになっているこの小銭入れなら両手が自由になります。詳細は下記リンクをご覧ください。

 

まとめ

淀川花火大会2024では、美しい花火と多彩なプログラムが今年も多くの観客を魅了するでしょう。日程やアクセス方法を事前に確認し、混雑を避けるための対策を取ってください。穴場スポットや家族向けのエリアを利用しながら、素晴らしい花火を楽しんでください。事前準備をしっかりして、花火大会の夜を存分に楽しんでくださいね。

 

 

コメント